ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

白髪染めと化学物質過敏症【香害】から更年期障害へ身近に潜む危険

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

化学物質過敏症・・・難しい症状のようにも感じますが
実は年齢関係なく今の世の中誰しもが予備軍なのです・・・

化学物質過敏症とは?

身近なもので例えるならシャンプーやトリートメント
これら商品の成分は、薬剤や動物から摂取した成分などが使われています。

薬品ですのでそのままでは【くさい】のです・・・
肌に使うものがくさいとなると商品としてとても売れるものではありませんので
必ず【香料】というものを配合します。

この【香料】も薬品ですので化学物質。
毎日毎日化学物質でできた香料を吸い込むわけですから
身体にだんだんと蓄積していきます。

最近では【香害】と言われるそうですが
その香害には、シャンプーの香料を始め、柔軟剤、タバコにいたるまで
人工的に作られた薬物や化学物質の摂取許容量を超えると発症し、その進行
回復速度や度合いも多種多様であると言われています。

匂いを嗅ぎ分ける嗅覚という機能

本来人間の機能には、視覚や嗅覚として危機を未然に防ぐ機能が備わっています。
身体に必要なものを判断する機能ですが、【心地よい香り】ばかりにわどわされ続けることで
その機能も劣化していき、必要ではない化学物質も香料という見せかけに惑わされ
自然と身体に蓄積されます。

世の中は便利なもので構成されていますが、本来生き抜く機能として
備わったものですから意識して自己管理しなければ何を使っても
許容量超えで一生不便な思いをします。

白髪染めは強力な化学物質

ヘアカラーの歴史は浅いもので、全国民が当たり前のようにヘアカラーをするようになって
まだ数十年ほど。
それまでは薬剤の危険性より髪の色が変化できることの方に注力し
【おしゃれは我慢】などという言葉もあったほど・・・

染め方も確立されておらず、販売メーカーも売るために【とにかくたっぷり塗布】
というのが当たり前でした・・・
現在60歳台の方は白髪染めで地肌がヒリヒリするのを【我慢】するのが当たり前
という時代でしたね。

白髪染めは自毛の色を脱色するわけですから衣類を漂白する【ハイター(漂白剤)】と
同じなんですね。
その薬品を頭皮にベッタリ塗布するので地肌が溶けてヒリヒリするのは
当然の現象だったのです。

余談ですが、美容師になりたての頃、若さもあってホワイトブリーチを何度かしてました。
薬剤の危険性はひよっこのわたしでも感じていたので自分でブリーチするときは
地肌に付けないように塗布していたのですね。

たまたま美容師の先輩がいたので俺が塗ってやるよ!と言われ
塗布してもらったのですが、ブリーチをベッタリと頭皮に塗布され
痛くて5分と我慢できず、水で洗い流してもらいその翌日は頭皮が水ぶくれ・・・
以来、わたしはヘアカラーアレルギーとなってしまいました。

強烈なブリーチ剤で許容量を一発で超えてしまったのです。

頭皮に化学薬品をつけることでいつ発症するかわからない現実

わたし世代の美容師が美容師の卵だった頃はとにかくヘアカラーは地肌にしっかり塗布し
髪の毛が見えないほどたっぷり塗りなさいと教えられるのが普通でした。

昔はなんでもそうですが便利だと開発されたものが将来どういった影響があることが
わかっていませんでした。
洗濯洗剤の河川汚染もそうですが、洗剤が原因で川や海に生きる生き物に悪影響が
出たのです。

美容という世界もヘアカラーの歴史はまだ浅いため
今後ヘアカラーで化学物質過敏症になる方は増えてくると思います。
いつ発症するかわからない症状ですので未だに薬剤を頭皮にベッタリ塗布されてる方は
注意してくださいね。

受動喫煙、柔軟剤問題

煙害

タバコの香りが好きな人はごく一部でしょうが、このタバコの香りに
悩まされてる人は多く、最近ではマンションのベランダで吸う【ホタル族】の
煙害が問題視されています。

外で吸うことで他の家に煙が舞い込み化学物質過敏症の人は
その煙害でアレルギーが発症・・・

柔軟剤問題

衣類についた香料はかなり迷惑をかけてるようです・・・
都会では仕事に行くのに電車などを使うのが当たり前ですが、密閉された社内に
人工香料は充満します。

化学物質過敏症の方がいれば嘔吐感、目眩など
香害により仕事に行くことも不可能になる事態・・・

多少の香りならまだましだけど、きつい香りは苦手だな・・・
という方は、注意が必要かもしれません。

化学物質過敏症はなんでもない日常の【香り】が自身の身体がアレルギー反応を
起こしてしまうのです。

更年期障害は、化学物質過敏症が原因

ホルモンバランスの低下が当たり前とされていた更年期障害・・・
最近の研究では【香害】が原因での化学物質過敏症が原因ということが
わかってきました。

化学物質は許容量の範囲であれば便利なものですが
許容量を超えてしまうと【単なる危険な化学物質】です。

女性ホルモンのバランスも壊してしまう【香害】
若いとか年を取ってるとか全く関係なしに誰しもが予備軍。

発症してからではおそすぎる問題です・・・

最後に

【いい香り】で統一されてる現代の生活ですが
その根本は化学薬品です。
危険なものでも便利な要素があるから売れる商材は作られます・・・

それは法に則った【合法】ではありますが、生活品すべてが【化学物質】
【いい香り】で【ごまかしたもの】だということを
忘れずに使用することが、薬機法にもある
【自己責任】となります。

目に見えない物、得てしてその場に見を呈さなくても
外から不意にやってくる【香害】

発症しないためにも自然の香りとはなにか?
を今一度考える必要があります・・・

ハナヘナ, 天然 ,白髪染め ,有機野菜, オーガニック, 健康 ,癌 ,肌荒れ, ヘナトリートメント ,ハーブシャンプー ,インド国営マーケット, ソジャット ,ラジャスタン, ハナへアー ,仙人 ,ヘナ, ダイヤモンドグリーン ,ピクラミン酸 ,ケミカルヘナ, ヘナ画像 ,インドヘナの花画像, ヘナタトゥー ,メヘンディ, ヘナの作り方 ,ヘナの塗布の仕方, 脱洗剤 ,湯しゃん ,インディゴ ,シャバディゴ ,ナチュラル女子, 天然生活 ,自然農法 ,ヘナ口コミ, ホメオパシー ,マクロビ ,ダイエット ,薄毛 ,断毛 ,環境ホルモン ,漢方カラー ,ボタニカルカラー ,ハーブカラー, 香草カラー, やおやのこうそ, 酵素, アワル,野人 ,むー塩 ,ノンシリコン, ハーブ, 長生き ,肌に悪い ,パーマ失敗 ,トリートメント, どS ,どSシャンプー ,ぢぃぢ ,どSトリートメント ,シャントリ ,契約農家 ,湯シャン, クイーンズヘナ ,マルチ商法 ,ねずみ講 , キアラーレ ,かぶれ, アワル ,ハナヘナ, KEO, インド ,カースト制度 ,水はなんにも知らなよ ,常在菌 , スッピン女子, EM ,ナイアード ,マックヘナ, ヘナ遊 ,グリーンノート ,やおやのこうそ ,酵素,無色のヘナ,人間のるつぼ,アレルギー,タイ&ギー,40代悩み,しみ,しわ,たるみ,くすみ,解決,更年期,ジアミンかぶれ,アトピー対処,アレルギー,プレミアム,認定店

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

FacebookやTwitterもよろしくお願いします。

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ