ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

独り言

陣痛タクシーってどんなもの?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

陣痛タクシー・・・
一体何なんだ?
天然ヘナ、脱シャンプーなどを推奨するハナヘナにとっては
【妊婦】【子供】という単語には敏感。

そこでタクシーについていろいろと調べてみたんだが・・・

タクシー会社が始めたサービス

陣痛タクシーのサービスは今のところ首都圏の一部の範囲でしか利用できない
サービスですが、タクシー会社と病院が提携して行われているサービス。
妊婦さんが事前に登録しタクシー会社は24時間体制でいつ陣痛が起きても
妊婦さんの自宅に配車してくれるので、車を持たない家庭などにとても便利なサービスですね。

田舎ではお買い物タクシーもある

陣痛タクシーは陣痛の時だけの利用以外にも定期検診など陣痛時以外の対応も
できるサービスですが、首都圏意外の車社会の地方ではバスや公共機関を利用できる
範囲も少ないので高齢者の方々向けにお買い物タクシーというのもあります。

高齢者のひとり暮らしが田舎では当たり前の為、スーパーから自宅までが遠い
方などよく利用されていますね。

第三者と関わることで日常も楽しくなる

お買い物タクシーなどではスーパーでタクシー運転手と老人の楽しそうな
お買い物風景をたまに見かけます。
運転手さんも年齢の近い方だったりで制服をきてるのでひと目で分かるのですが
核家族の現代社会では話し相手もままならいこともあり
タクシー運転手の方とお話することでちょっとしたストレス解消にも役立っているようですね。

若者の車離れで近い将来自家用車がなくなるかも?

世界的に見ても日本車の性能は抜群ですが、現代の若者の車離れに伴い
車の価値観も変わってきていますね。
昔は所有することのステイタスなどもありましたが
車は走ればいい、燃費が良ければいいなどの要望の変化もあり
今ではカーシェアリングの需要も年々伸びていて
駐車場経営とプラスしてカーシェアリングも展開。

世界の自動車メーカーも2040年までにガソリン自動車を廃止する
との発表などもあり後数十年もすれば道路整備や自動車レースなど様々な
形態が変化するでしょうね。

まとめ

田舎では一人1台の自動車保有ですが、走らせるためには道路整備、化石燃料採掘など
無駄と考えれば無駄なことがたくさんあります。
しかしそれら付随するものも輸出や輸入国家の経済情勢にも大きく影響してくるので
世界一多い日本の公団事業などそう簡単には変化は難しいといえます。

ですが人を乗せて目的地まで移動することが主なタクシー会社にとっては
陣痛タクシー、お買い物タクシーなどキャッチフレーズを変えることで
様々な方々に利用されることでしょう。

      陣痛タクシー

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ