ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

明るいヘアカラーで白髪をごまかしている髪はヘナ染めするとどうなる?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

白髪染めをするほど白髪はなく明るめのヘアカラーで白髪をぼかす感じで染めている。
白髪染めをするとがっつり暗くなるようなイメージがあって躊躇する方も多いですよね。

明るいヘアカラーの色素は2週間程度で取れる

明るく染めるヘアカラーにもブリーチ剤と色素が配合されていて、髪の毛を脱色しながら
色を入れていく仕組みです。

しかし明るくなればなるほど、ブリーチ力を強めに配合してあるので色素も少なくなってしまいます。
色素が薄いのでシャンプー(日にちが経過)するたびに色素は抜けていき程度にもよりますが
2週間ほどで抜けてしまい、ブリーチした地の髪色になってしまいます。

色素が抜けて脱色(ブリーチ)された髪は太い髪ほどオレンジ色になりますし
細い髪はオレンジが薄い髪色になるはずです。※個人差あり

白髪染めをしている髪は、ヘナ染めすることで色素が抜ける

少し難しいかもしれませんが、白髪染めをしたての髪や白髪染めの色素が残っている場合
ヘナ染めすることで白髪染めの色素が押し出され抜けてしまうことがあります。

今の髪の状態はどうなっているか?

ヘアカラーで白髪をごまかす程度しか白髪がないのであれば
今現在、その白髪の部分の色はどんな色になっているか?
を見てみてください。

白髪の部分に残っている色素がその明るいヘアカラーの色素の残りですので
その白髪の残り色がオレンジであればヘナ染めしてもさほど変わりない色に
なるかと思います。

しかし、地毛の色が元々どんな色かでまた若干変わります。
おそらく明るいヘアカラーで白髪ぼかしができる髪質だと思うので、地毛も多少明るい髪質
かとは思いますので少し細毛タイプかなと思うのですが
そういった髪質であればヘナ染めすると明るく染めることができます。

どのヘナを選べばいいか?

元々白髪が少なく明るい色であればナチュラルヘナがオススメです。
ヘナ染めの基本はナチュラルヘナをまず染めてみること。

まとめ

ヘナ染めにはヘナとインディゴの2種類ですので、ヘナ(オレンジ)が自分の髪質に乗ったら
(染めたら)どうなるか?
髪質も変化しますし色もどれくらい浸透するかがわかりますのでまずはナチュラルヘナが基本です。

ナチュラルヘナが髪に浸透した状態を見て、インディゴ(青)で染めるかどうか?
を判断するのが自分の髪質とヘナを知ることの一番の近道となります。

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ