ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

光で染める白髪染め?ってどうなの?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

利尻昆布、ノンジアミン、ノンアルカリ・・・
まぁ次から次へといろいろ出てくるもんだね〜

染める目的って一体なんなのだろうか?(笑)

最近は、光で染める白髪染めってのもあるみたいで光カラーを塗って
光に当てておくと徐々に髪が染まって白髪ごかしになるという・・・

手軽でノーダメージを売りにしているみたいですが・・・
落とし穴が!

落とし穴 ①

光で染める白髪染めをやりだしたら抜け出せない!

落とし穴 ②

パーマや普通のヘアカラーをすると髪が緑になる!

落とし穴 ③

徐々にしか染まらないので割と目立つ白髪がある方は頻繁に染めないと
白髪がボケない!

まとめ

光で染める白髪染めは、アルカリと反応すると髪が緑色になるので
パーマやヘアカラーすると、えっー?ってなることになるので
結構覚悟が必要です。

緑になったら地毛に戻すのは大変でケミカルを熟知した理美容師さんにしか対応できないので
それなりに大変だということを書いておきます。

光で染める白髪染めは硫酸銀を成分にした白髪染め法でシルバーアクセサリーをほっておくと
黒くなってきたりするでしょ?
それと同じような仕組みで染めるっていう方法です。

それを物理的に消すには六ー○ハップみたいな硫黄が必要・・・
もうなんだか髪の毛が実験室ですね(笑)

まぁ気軽に手軽にっていうものはなんでも落とし穴があるということで・・・

 

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ