ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

ハーバルマホガニー1度染めとダブルヘナ染めの違い

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

「ハナへナ ハーバルマホガニー」についてのお問い合わせ
[お問い合わせ内容]
  初めまして。
  ダブルヘナで染めるのと、こちらを使うのは、どのくらい色の違いがありますか?

ダブルヘナ染めとはヘナで染めた後、インディゴで再度染めることをさすのですが
いくつか違いがあります。

 

まず1つ目

ダブル染めは、髪質・髪の状態を選ばず割としっかりと濃いブラウンに染めることができる。

やはりヘナ染めというのは【ヘナ】が基本であって、ヘナをしっかりと染めることで
そのヘナの色素の上にインディゴが着色する。
というのが一番しっかりと染まります。

これが【超】基本的な染め方。

ヘナとインディゴを混ぜて使うということは、人間側のメリットを考慮して
という本来、【染める】ということとは別の発想で【ヘナ】と【インディゴ】は別の色素ですので
お互いの【いいところ】が半減してしまいます・・・

2つ目

色を変えたいなと思ったとき比較的簡単にカラーチェンジができる

髪の毛に直接インディゴが入るとインディゴが抜けません(特にダメージしてる髪の場合)
ですので、気分的に普通のヘアカラーで明るいブラウンにしたいなぁという場合
色味チェンジがしにくくなります。

3つ目

色に違いは、【さらし】加減と現在の髪の状態によるので
一概に【確実に差が出ます!】とは言えません。
ハーバルマホガニーだけでダブル染めと同じように染まる場合もあります。

まとめると

自然な茶系で楽しみたい場合は、ハーバルマホガニーなど今後明るい髪色にしない。
という場合であれば、【さらし】をうまくやることで十分にしっかり染めることは可能です。

しかし、たまには明るくしたい!という場合は、ダブル染めで【ヘナ】をベースにしておくと
たまの明るいヘアカラーも楽しむことができると思います。

どの方法も【現在の髪の状態】に左右される場合があるので【絶対】はありません。
ですので、まずはお近くのハナヘナプレミアム店に相談されることをおすすめします。

美容室が近くになくてもハナヘナプレミアム店であれば、近くの美容師さんを探してくれることも
ありますので自分で染めたい場合でも一度はしっかりとプロの美容師さんにアドバイスを
受けると自分の髪質にあったハナヘナライフを楽しめると思いますよ♪

ハナヘナ ハーバルマホガニーの染まり

ヘナの使い方・ヘナを自分でやる最適な方法

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

FacebookやTwitterもよろしくお願いします。

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ