ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

ヘナを求めてインドまで

ヘナを求めてインドまで その①

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

2009年10月

初めてインドという国に足を踏み入れました。

その頃はまだ今のような近代的なものはあまりなく

デリーの空港も古い建物。

今思えばその時代を体験したことは、やはり何かインドに縁があったのだろうと感じています。

インドの首都デリーに降り立ちヘナ畑のあるラジャスターン州・ソジャットまでは

さらに飛行機を乗り継ぎ移動移動の連続。

その頃、ヘナ畑に行った写真がこちら。

IMG_2384

まだ若い(笑)

この日から 毎年2回インドに通い続ける とは

自分でもまだ思っていませんでした。

2回目に行った時にインド提携工場の社長であるサニーさんに言われたことが

今も印象に残っています。

 

今までヘナを見るためにインドに来た日本人は数名いたけど

2回もインドに来たのは、岡本さん、あなたが初めてだ!

 

と・・・

インドという国は一度行くと2度と行きたくないと思うか

どっぷりハマるか。

のどちらかだと聞いたことがありますが

僕は後者になるのかなぁ・・・

 

さて、ヘナ畑を後にし

次はインド政府管轄のヘナ マーケットに行きます。

インド中のヘナがここに集められ競りにかけられます。

ここが入り口

o0480036011785139998

ゲートには係もなにもありませんので、ノーチェックで入ることができます。

200910081544000

IMG_2236

このマーケットの周辺には、約40ほどのヘナを製粉する工場があります。

o0480036011785132528

提携工場であるKEO社もこの40ある製粉業者から第一段階として

ヘナを買い取るわけです。

200910081502000

しかし、ここでも騙しがあります。

ヘナの取引は、まず品質の目利きから始まるのですが

DSC031

↑当時の私。

IMG_2239 IMG_2240IMG_2225 200910081539000

それぞれ葉っぱの色が違うのわかりますか?

マーケットでは、新鮮なヘナ葉もあれば売れ残ったヘナ、雨にうたれて枯れ果てたヘナなど

たくさんのヘナがあります。

仕入れる側も天然100%ヘナを作らない業者は、古くなったヘナで十分なわけです。

この古いヘナにわずか0.02グラムほど化学染料を混ぜるだけでケミカルヘナができます・・・

目利きをした後は、いざ買い付け!

その前に・・・

IMG_2226

一袋4,50キロほどの麻袋にヘナ葉が詰まっているわけですが

ヘナの畑ソジャットにもう一度戻ってみますね。

ヘナを刈り取りしその畑で天日干し。

FullSizeRender(2) FullSizeRender(3) FullSizeRender(1) FullSizeRender

右上の画像は枯れ枝ばかりが積み上げられてるでしょ。

乾燥したヘナ葉(写真左)を棒で叩くと、ヘナ葉だけが枝から取れて

落ちるんですね。

それを集めて麻袋に詰めるわけです。

集める場所はこんなところでも行われます。

t02200145_0640042312233297972 DSC_0215

道路脇。こちらはメルマガでも詳しく書いていますね。

前の話に戻りますと

ヘナ麻袋の取引は、質の目利きと重量で・・・

以前、サニーさんに聞いた時は、50キロ中20キロは、枝や小石だったそう・・・

というわけで、ここでの買い付け業者も毎回変えています。

これがインドとの取引なのですね・・・

DSC_0285

このブログの「ヘナを求めてインドまで」は、長年アメブロで

書き続けてきた記事の「総合」記事になります。

過去ブログ:http://ameblo.jp/hana-hair/

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ