ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

ヘナで黒に近い色にする場合どの商品を購入すればいいのでしょうか?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

ヘナ ナチュラル→オレンジ
インディゴ → ブルー

天然ヘナ染めは、この2種類のハーブを使って染めるのが
ヘナ染めの基本。

オレンジの補色としてブルーを使うことで

茶色→濃い茶色→焦げ茶→ほぼ黒

となります。

黒に近い色を出したい場合
髪の毛がどのような【状態】か?
ということがわからないとアドバイスをしにくいのが
【天然ヘナ染め】
しかしどのような状態でも【ほぼ対応できる】のが

【2度染め】という技法

これは、ヘナナチュラルで染めた後一度ヘナを流して(シャンプーはしなくてよい)
インディゴ(もしくはマホガニー)を塗布するという方法です。

初めてヘナ染めをされる場合や今後色を変えたい方の場合
最初にヘナで染めることでインディゴをしっかり髪に吸着させることが【できます】

一度で黒に近い状態に染めることはできますが
その場合【ハーバルマホガニー】という商品で対応できます。

しかしやはり【今の髪の状態】を知ることで
プロとしての【的確】なアドバイスができるので
単にハーバルマホガニーで染めれば大丈夫です!
と、簡単に言いたくはありません。

簡単に【黒】にできる商品は化学薬品でできた
染剤がたくさんありますのでそちらを使ったほうが無難です。

天然ヘナ染めは、使う側もお勉強が必要なのですよ・・・

このあたりや下の記事を読んで頂けると助かります。

黒髪に近い感じに染めるにはどれを選べばいいですか?

ヘナが酸化した後

ハナヘナメルマガ登録

ハナヘナのとっておきの
情報配信してます!
ご登録お願いします!

メルマガ登録

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

FacebookやTwitterもよろしくお願いします。

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ