ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

独り言

美容室にある技術メニューはすべて時短

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

ハナヘナ講習をおこなっていると必ず聞かれる時間短縮、、、略して時短。

作り置き、自然放置、2度染め、自然乾燥・・・など

天然ものの色素を利用して染めるハナヘナ染めは当然『薬剤』は配合していないので
必然的に料理のような『下ごしらえ』を必要とします。

私達が美味しい料理を食べたい♪
と思った時に考えるのは

・ぱぱっと済ませる事ができる
・雰囲気のいいお店でゆっくり食事をしたい
・健康に気遣いできるだけ素材の良いものを食べたい

と、大体この3種くらいにわけられるのではないかと思います。

美容院のメニューには、パーマ、ヘアカラーなどの時間を要する技術はたくさんありますが
どのメニューも薬剤を付けて最高でも20分程度。

それを基準として考えるとハナヘナ染めは、時間がかかる・・・
と言われてしまいます。

ハナヘナ染めを導入したいけど時間がかかるので時間のかからない方法はないですか?
と極たまに聞かれることがありますが、果たして今のお店の技術メニューは時短できているのでしょうか?

パーマのお客さんで2時間。
ヘアカラーのお客さんで2時間。
ストパーのお客さんで3時間。

これ時短できてます?

ハナヘナ染めってこの時間より早く終了することができます。

ヘナ染めを美容師が嫌う理由はまさにここで、ヘナ染めが時短できるようにこっそりと薬品を配合しだした
のがこういった理由からでして、『モノに細工して自身の知恵を使わなかった』ことが
偽物ヘナが生まれた理由です。

美容師さんって薬剤の技術だけでなく薬剤の知識や皮膚アレルギーの知識など
たくさんの専門的知識があると思うでしょ?

いえいえ、まったくもってほとんどの美容師さんがございません。

熱を加えたらたちまち傷んでしまうデリケートな髪の毛

昭和の頃は『髪は女の命』なんて言ったものです(古い笑)

誰しも『下ごしらえ』をして迎えてくれるお店に行きたいものですよね♪

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ