ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

プライベート

植松電機

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

フェイスブックというインターネットツールで

誰かがシェアしてたのかなんだったかは忘れましたが

植松さんって方のウォールが目に止まりました。

読んでみると実にアタリマエのことが粛々と書いてある。

何度か読んでると

話題の方だということを知りました。

今日もたまたま見ていると美容師さんにも通ずる事が

ちょうどメルマガもそういったことを書いたので印象深かったのかも(笑)

 

植松さんのウォールがこちら↓

 

年末にテレビに出ました。
いろんな経営者が集まるテレビです。
悲しかったのは、みんな僕より若かった。
僕も、年を取ってるってことです。

いろんな仕事をしている経営者の集まりでしたが、
共通していたのは、
「ほかの人と同じ事をしない」でした。
同感です。

ほかの人ができることをやると、比べられます。
そして、やってることが同じなら、安い方に負けます。
だから、たいていは、安さ勝負になります。
利益率が低下するので、売り上げを増やさないといけません。
数を売ろうと思ったら、安くするしかなくなります。
どんどん、安くなっていきます。

安さ勝負に陥らないためには、「付加価値」が大事です。
そして、最強の「付加価値」は、ほかの人ができないこと、です。

植松電機は、現在まで、競合相手がいない仕事をし続けています。それは、新しい仕事です。
だから、植松電機は、基本的には、「誰かの図面」で物を作らないです。
自分で考えて、自分で作って、自分で提案してきました。
だから、自分の居場所を作れたのだと思います。

「なにをすればいいですか?」
「どうすればいいですか?」
おしえてもらえる事は、当然、教える人も知っています。
そして、自分以外の生徒もたくさんいます。
それは、もはや付加価値ではありません。
クラスメート全員が競合相手です。
そこで生き残るには、「自分で考えて、自分で試す」が
もっとも効果的です。

これから、人口減少に伴い、マーケットは縮小します。
そこでは、ほかの人と同じ事をしていたら、
今まで以上に安売りを強いられる可能性があります。
だから、今まで以上に、自分で考えて自分で試す必要があります。

それは、他人に理解されません。
でも、だからこそ、一人勝ちにつながります。
だから、他人に理解されないことで凹む必要はないです。
粛々と、すべきことをしていけばいいです。

個性とは、ものまねではないです。流行でもないです。
自分で考えて自分で試すことで得られる経験です。
自分の思考の結果、身につく経験が、本当の個性です。
それが、きっと、すごく求められる時代だと思います。

(というか、今までの日本は、人口が増えて、マーケットが拡大し続けていたから、同じ事を繰り返していても供給不足によって仕事が成立していましたが、人 口が減少したとたんに、同じ事を繰り返していると、あっという間に供給過剰になって、価格が低下するようになった、ということかもしれません。だから僕 は、デフレ脱却は、まだまだ難しいと思っています。)

美容師でもこんなおっさんもいます。

ケミカルカラーからハナヘナに変えるときにどんな不安がありますか?

 

情報過多の今

仕事のスタンスというのも簡素になってるように思います。

 

美容師という仕事は、医師の師と同じ師

 

 

理美容師さんのハナヘナ&DO-S 購入はこちら

一般の方のハナヘナ&DO-S   購入はこちら

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

FacebookやTwitterもよろしくお願いします。

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ