ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

ヘナで2度染めとは?ヘナ→インディゴ?マホガニー→マホガニー?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

質問があります。
2度染めとは、ヘナナチュラル(オレンジ)で染めてから一度流して
インディゴ?マホガニー?ハーバルブラウン?でもう一度染めることが
2度染めですか?

ハーバルマホガニーやハーバルブラウンで2回染めることも2度染めですか?

『ヘナで2度染め』とは、ヘナ染めでしっかりヘナの効果と色を体験してもらう
ベーシックな染め方のことを指します。

・ヘナナチュラル(オレンジ)→インディゴ
・ヘナナチュラル(オレンジ)→ハーバルマホガニー
・ヘナナチュラル(オレンジ)→ハーバルブラウン
・インディゴ→インディゴ
・ハーバルブラウン→ハーバルブラウン
・ハーバルマホガニー→ハーバルマホガニー

どの組み合わせでも『2度染め』を意味します。

その中でも一番ベーシックなヘナ染めが

ヘナナチュラルを最初に塗り、その後オレンジをカバーするための
染め方を『2度染め』とイメージしていただけるといいですね。

ヘナ染めの一番良いところは、ヘナナチュラルで染めること。
これが基本です。

理由は、髪質にハリ・コシが出たり艶が出たりする効果を一番持ってるのが
ヘナナチュラルなのでそのヘナナチュラルを最初に使うことで
髪自体が変化します。

その次に使うインディゴやハーバルブラウン、マホガニーは色素調整のようなもの
とイメージしていただけるといいです。

もちろんハーバルブラウンにもマホガニーにもヘナは配合されてるので
髪質の変化は徐々にありますが、ヘナとインディゴはそもそも違う
ハーブですので『混ぜて使う』より『別々』にそれぞれの効果効能を
しっかり髪に浸透させるには2度染めが一番効果的!というわけです。

ただし、インディゴやインディゴ配合のブラウンやマホガニーは『発酵(酸化)』
という時間が必要ですので、当日に発色しないまま2回染めても
あまり濃くはなりません。

インディゴ配合のもので2度染めするなら1日後か2日後の色素が酸化したあとに
使うとよりしっかり色が入ります。

メルマガ登録

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ