ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

独り言

美容室でシャンプーを勧められた時に断る方法

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

最近ですね、美容材料屋さんや化粧品販売店さんから
【ハナヘナは卸売はされてるんですか?】てきな電話が多いんです。

これって、一般のお客さんが美容師さんに
【このシャンプー凄くいいんですよ!】っていうのとなんだか似てる気がしてね。

僕ですね。
結構物理が好きで、髪の毛っていう素材の性質って割りと理解してると
思ってるんですよね(自分で言うな)
素材っていうと、金属や木材やプラスティックなんてものがあるじゃないですか。
そんな素材を扱うプロの方って素材を理解してるから
その素材に対してのアプローチができるわけですよね。

話はぶっ飛びますが
家庭でやるゴミの分別ってあるじゃないですか。
燃やせるゴミ、燃やせないゴミ、プラ、金属・・・
みたいな。

分けることで焼却する方の手間暇を手伝ってる〜
なんて思いがちですが、素材って高分子か再利用できるかって
だけなので完全に燃やせるか、そうでないか
ってだけなんですよね。

なので自治体によっては細かな分別ではなくて
割とざっくりのぶん別でも良かったりってのはあるみたいです。

分けることでゴミ袋の収益だとかいろいろありますからね。

ね。ぶっ飛んだでしょ?

でですね。
初めて電話をかける相手ですからいきなり卸価格?
ってどうなん?
って思うんですよ。

その会社だって仕事に【想いを込めて】仕事してるでしょうし
もっとなんていうか、相手のこともいろいろと調べて
その会社のこだわりだとか、お客さんに対する思いだとか
そんなのを話してほしいなって。

美容師さんがシャンプーだとかいろんな美容商材勧める時も
そうですよね。

あんたその商品こだわって勧めてんの?

って僕は思うわけですよ。
そりゃ毎年毎年【新商品】ってのがたくさん発売されますよ。
しかし、上にも書いた【髪の毛っていう素材】は木材にもならないし金属にも
ならないですよね。

だったらシャンプーみたいな【洗剤】は
【香り】が違うか【手触り】が違うかでしょ?
手触りなんてのもコーティング剤の質感なので大した違いはない。

お客さんだってコロコロ髪型変えるわけじゃないので
そこまでシャンプー変える必要性がないですよね。

事実僕が現場で美容師やってた頃は商品を変えることはほぼなかったしね。

自分の技術に【こだわり】あるなら【商品】にも【こだわり】持ってほしいよね。

だからもしお客さんが商品勧められたら

【あんた、その商品にコダワリあるのかい?】

って言ってやればいいと思います。
自身を持って勧めるものがころころころころ変わったら
なんなん?
売りたいだけでしょ?

お客さんがそう思うのはこりゃ当たり前ですから!

あとね。
夏になったらスースーするシャンプーをする美容室。
これもね、クーラーガンガンな職場で身体冷え切ってる場合もあるよね?
夏だからみんな暑いでしょ?ってのは違うくて
やはり頭スースーしたくない人もいるわけでしょ。
聞いてほしいよね。。。

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ