ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

薄毛・ハゲ・フケの原因

薄毛対策 ハゲ対策にヘナ染めが有効な理由

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

毎日頭皮を清潔に!
なくなることの不安につけいる育毛産業。

有機野菜、オーガニック野菜、無農薬野菜を作ろうと
土壌管理をしっかりし、1年草も2年草の雑草を抜き去り
自然界とは全く異なる土壌で、【人間】が管理しなければ
育たない野菜たち・・・

自然の山々を見れば、1年草、2年草、多年草、樹木が適度に
土壌に隙間を作り人間がつくった荒れ地にはならずに
季節に応じて山の動物や虫達に英気を与えている。

これが自然界の循環であり、【なるべくしてなる】自然の摂理。

人間の髪の毛(土壌)も同じことで
こうすれば大丈夫、頭皮の正常な色は薄緑の頭皮など
育毛業界がつくった【妄想】であれやこれやと物を売りつける・・・

ヘナ染めは毛を生やす・・・

ということはなく、ヘナ染めは頭皮の皮脂分泌を正常にしてくれる行為。

ヘナが頭皮に良いのではなく、毎日せっせとシャンプーをし
洗うたびに毛が抜ける心配をなくしてくれるもの。

1日の終わりに風呂に入って、洗剤(シャンプー)を付けて
ゴシゴシ洗いたくなる【症状】に悩まされるのが
異常事態。

10年のノーシャンプーで実証

すでに【毎日のシャンプー】をやめて10年が経つが
髪の毛は【まだある】笑

・頭皮を清潔に
・毛穴に酸化皮脂がたまらないように

毛が生えるという育毛業界の定説(妄想)に当てはめると
すべてが異常(笑)

新人のシャンプーレッスンのモデルやたまの知らない店でのシャンプー経験で
10年のうち50回も洗ってないが1日シャンプーしないだけで
頭皮がモヤモヤ頭が痒くなることなどない。

痒くなるのは決まって暴飲暴食や緊張するような場面に苛まれた時の翌日。
皮脂分泌が正常でなくなった時痒みが出るのだ。

シャンプーするなら髪だけに洗剤をつける

正しいシャンプーのやり方は、【髪だけ】にシャンプーをつけること
その理由は、頭皮は代謝するので洗剤をつけてゴシゴシする必要がない。

その検証は、頭以外の肌に洗剤(石鹸やボディーソープ)を付けないで
入浴してみればすぐにわかる。

シャワーなどでさーっと流してしまえばそれでOK。

翌日に肌が痒くなることもなく快適。

ではなぜ頭皮だけ痒くなるのか?
それは毛があることで湿度があがるから雑菌が繁殖しやすくなる
というのが理由の1つ。

そして髪は死滅細胞なので空気中の汚れ(油汚れ)が付着してしまえば
代謝もしないのでゴワゴワと【手触り】が悪くなってしまう。

だから洗剤は髪だけに付けるということが
正しいシャンプーのやり方なのです。

まとめ

こうしなければいけない、この商品を使えば薄毛は防げる・・・

毎日シャンプーしなくても頭が痒くなったりしなければ
それだけで髪のことも忘れてしまいますよね。

人間は自分自身の人生の行く末も【占い】に頼ってしまうほど
臆病な生き物。

髪の毛の心配をすれば悪い方に悪い方に考えてしまうのも
人間の弱さ・・・
極々自然に【髪の毛のことを忘れてしまうこと】ができれば
それだけで血行もよくなり土壌は正常に機能します。
余計な(無駄な)ことを考える暇を持つより
自然界の美しさ。

つまり四季折々の風景をつくっているのも
あまり注目されない土壌あってのこと。

必要なことと、必要でないこと
よく考えると分かることですね。

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ