ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

ヘナ染めで暗い色をキープするには?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

若白髪で白髪染めをする頻度も多いため肌や健康のことを考えると
ヘナ染めで白髪を染める方が良さそう。
でも元々髪が明るいため2度染めをしてもすぐにまた明るくなってしまう・・・
暗さをキープするには???

ヘナ染めの基本は2度染めですが・・・

2度染めは、オレンジ色のヘナの色が派手に見える場合の基本染めですが
この基本染めの考え方は、『自然な色』をキープする思考で考えられています。

『暗さ』をキープするという考え方とは真逆になるので考え方としては
『インディゴ』をメインにもってくれば良いわけです。

しかしインディゴはヘナと違い『色素』ではないので少々難点が・・・

・難点①

インディゴの色素は空気酸化で発色する菌発色なので、髪の毛の中に入ると
マイナスイオン同士が強力にくっつき色を落とすことができなくなります。
※繊維を染めるのと同じで洗っても色落ちしなくなる。
暗いままで良い方はいいのですが、カラーチェンジをしたい場合明るくすることができません。

・難点②

難点というほどではないかもしれませんがインディゴの完全発色をさせるのに48時間ほどかかります。
その間シャンプーはせず『濡らすだけ』にし水分を与えながら空気酸化させてできるだけしっかりと
インディゴを発色させることが必要になります。

ハーバルブラウン・マホガニー

ハナヘナのハーバルブラウンやマホガニーで1度染めをすると何故オレンジにならないか?
というとどちらも配合量にインディゴが多いからです。

『暗い髪』にするには2度染めよりインディゴをメインに考えるといいですね。
どちらも繰り返し染めるとかなり真っ黒に近づきます。

この場合の繰り返しというのは、インディゴの酸化が終了する『約48時間後』ということになります。
ハーバルブラウンで染めて48時間(2日)たってからもう一度染めるとかなり暗くなると思います。

※白髪の分量が多い方や元々地毛の色が明るい方などは、マホガニーを選ばれても良いかもしれませんね。

まとめ

ハナヘナ(天然100%)での白髪染めでは、1度染め、2度染めでもどちらも色素は『それなり』に
しか入りません。
髪の毛を『より』しっかりと強化するにはハナヘナナチュラルで、暗くするにはインディゴメインの配合で
『酸化』終了後もう一度染めないと強化やキープすることはできないと思います。

1週間や2週間の染める間隔でも色素が落ちにくい方、3週間でも落ちにくい方など髪質や生え方で
見え方も違いますので、『よりしっかり』という場合は、48時間を目安に繰り返してみると
よりしっかりと色は入りますので、最初にしっかり入れておいて、通常の染めるペースに戻すと
普段のシャンプーでもさほど色落ちはしないと思います。

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ