ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

インディゴのこと

インディゴをした後、手が紺色になってしまいます 〜出世魚〜

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

インディゴで染めた後、髪が乾いて髪を触ると手が紺色になってしまう・・・
これはインディゴで染めた後、普通にシャンプーすれば大丈夫なんですが
今回の質問は・・・

備考        : こんにちは。
安心して使える良い商品を売って下さって、どうもありがとうございます(^ー^)。
何度か自分で染めているのですが、インディゴを上手に洗い落とせず、手が紺色になってしまって困っています。

お湯で落としています。今回はシャンプーを少し髪につけてみたのですが、落としきれませんでした。髪はぺっとりとしていて、インディゴは油性なのかな、と感じましたが、手についたインディゴは水で落ちるので、水溶性でしょうか?私の洗いが足りないだけでしょうか?

普段はお湯洗いなので、できれば石鹸は使いたくないです。

子供が私の髪を触らないと眠れないのです。子供の手が紺色から黒色になってしまって、気になります。

ハナヘナは扱いやすかったのですが色が明るいので、できればハーバルブラウンを使いたいのですが、インディゴを上手に落とすコツがあれば、教えていただけないでしょうか?

長文すみません。
よろしくお願いいたします。

インディゴが手につく原因は、『お湯洗いだけ』だったため。

インディゴは水溶性?油性?

インディゴという青色色素になるには化学的な変化があるんですね。
わかりやすく言うと出世魚(笑)

ワカシ→イナダ→ワラサ(ハマチ)→ブリのようにインディゴも
インジカン→インドキシル→インディゴと出世していくんですね。

この出世の段階で化学的変化があるんですが、水に溶ける→髪に付着して酸化する→完成
というふうに変化しますので、油性?か水溶性か?となれば水に溶けるので水溶性なんですね。

水溶性なら手についたインディゴみたいに髪についたインディゴも落ちるのでは?

出世する前のインディゴはまだ小さな稚魚なんです。
これを化学的にいうと高分子と言いますが、とにかく未熟で小さな魚なんです。

この小さな魚を出世させるためには『髪の毛の中』で育てる必要があるんですね。
しかし髪の毛はとっても細い水槽なので小さな魚でも入れる量が決まってきます・・・

なんとか水槽の中に入れた稚魚は、成長し大人になります。
この成長し大人になるのに必要なのが洗い流すという行為。
これで髪の毛の中でブリとして完全体になるわけですね。

ですので手についたブリはすでに大人の魚なので水で簡単に落とせるわけです。

髪がべっとりしていて油性なのかなと思いました。

これはコバンザメインディゴと言ってハイブリットなインディゴなんですね。
ここはさすがに出世魚では説明難しいので化学的に説明しますが(笑)

昔、マイナスイオンドライヤーなんてのが流行りましたが、髪の毛にはマイナスとプラスの電荷と
いうものがあってインディゴの染料もこの電荷で吸着します。

髪の毛の中に入れたインディゴは髪の毛の中の繊維としっかり絡んで取れなくなりますが
髪の毛表面についたインディゴはまだ少しだけイオン吸着しています。

先に書いたようにインディゴの分子は(稚魚)とてもとても小さな分子なので
入りきれなかった分子が髪の毛表面に残りやすいので髪がべっとりと重たくなるような
手触りになってしまいます。

お湯洗いだからできるだけ石鹸は使いたくない

普段お湯洗いをされてるとやはり合成洗剤や石鹸はできるだけ使いたくありませんよね〜
僕もそうなので、お湯洗いじゃない方にこの微妙な感覚を説明するのは難しい(笑)

まぁ、しかし子供が小さなうちはお母さんの髪の毛舐めたり引っ張ったりが日常ですので
インディゴ染め(ヘナ染めも)した後は、インディゴがしっかり酸化するまで余計なインディゴは
落としておきましょうね。

やはりこのイオン結合を手早く落とすには、洗剤を使う必要があります。
お湯だけだと数日かかってしまいますので・・・

お湯洗いをやっていて抵抗があるのは肌に直接洗剤がつくのが嫌ですよね?
これは僕がオススメしてる方法ですが、『髪だけ』にシャンプーをつけて
荒い櫛で梳かすだけで簡単にコバンザメインディゴは落とせます。

荒い櫛で梳かしたら1分程度時間をおいて手で髪を揉み込んでください、軽くで結構です。

ハナヘナナチュラルは明るいのでハーバルブラウンを使いたい

そうですね。
ナチュラルは明るい印象ですのでハーバルブラウンで染めるとちょうどいいかもしれませんね。
ハーバルブラウンはナチュラル4+インディゴ6の割合で配合していますので
インディゴ単品で使うよりコバンザメインディゴは少なくなりますからもしかしたら(髪質にもよる)

お湯洗いだけで大丈夫かと思います。
もしコバンザメインディゴが出現してしまったら動画のやり方でいいので試してみてください。

まとめ

僕も長年お湯洗いやヘナ染めインディゴ染めと実践し関わっていますがこれが自然派なのか?
と深く考えた時、『染めること自体が自然ではない』と昔悟ったわけです(笑)

染めること自体はいくら自然のものを使おうがこれらは自然ではなく『染まる』という現象は
『物理』ですので物理には物理で対処するのが普通かと思います。

特に小さなお子さんがいて髪を触るのも成長のための現象ですので(笑)
現象にはある程度目をつむるのも大人の対処ではないでしょうか♪

お湯洗い派の僕が考えるヘナ染め、インディゴ染めとの付き合い方はこんな感じです。

生まれてきて3年間、一度もシャンプーしていません。

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ