ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

アワルのこと

ヘナ染めをやってみたい!でも・・・オレンジになるのが嫌・・・

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

ヘナ染め=オレンジですが、インディゴという藍を使うことで茶系にすることができます。
が。
今のヘアカラーが気に入っているのでこの色は変えたくないけどヘナ染めが気になる・・・
そんなわがままでミーハーなあなたにはアワルというヘナにとてもよく似た植物があります♪

このアワルはニュートラルヘナとも言われ、無色のヘナとして愛用されているのですが
厳密にいうと無色ではなく薄い黄色の色素を持っています。

道端の葉っぱをすりつぶすと緑っぽくなるでしょ。
あれです。

使い方は、ヘナと同じで髪にたっぷり塗るだけ。

ハイダメージの方は塗って流した後、結構軋みますので無理に髪を梳かさずトリートメントで
油分を与え流してください。

ダメージしてる髪の毛は、毛髪が膨潤と言って膨らんでる状態なんですね。
この膨潤してる状態でトリートメント=油を使ってしまうと髪のキューティクルの間にまで油が
ついてしまい髪質によってはゴワゴワしたりします。

トリートメントの種類(市販含む)によっては、ドライヤーで乾かしても中々乾かない経験
ありませんか?
あれは余計な場所にまで油が入り込んでる状態・・・
てっぺんだけ濡れたようなベトベトしてるのがそれです。

びしゃびしゃのタオル(濡れた髪)にトリートメントをするより
しっかり絞ったタオル(水分をできるだけ取った髪)にトリートメントする方が
使用量も少なくて済みますし油の性質上髪の毛の疎水部分に吸着しますのでより
効率がよくなります。

パーマやヘアカラーの後は必ず髪の毛は傷むので、トリートメントの前に
アワルでしっかり引き締めることでよりハリ・コシのある髪のなりますよ♪

ヘアカラーをしたので色を変えたくないニュートラルなら大丈夫ですか?

ヘナトリートメントについて②

メルマガ登録

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ