ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

はじめて自分でヘナ染めしようと思います何を使ったらいいですか?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

自宅で自分でセルフヘナ染め。
楽天デイリーランキングでも1位と2位でランクインされているハナヘナを見てもらってもわかりますが
基本的に『ヘナ染め』はヘナナチュラルが基本です!天然100%のヘナ染めとは?

ヘナで染めてみたいけどいろいろあってどれを選べばいいかわからない

ヘナ染めをしようと思い探してみると、種類がいっぱい・・・でどれが自分の髪にあっているの?
と思う方がいらっしゃいますが、『天然100%のヘナ染め』は

・ヘナナチュラル

・インディゴ

のこの2種類しかありません。

各メーカーでいろいろと商品名があるようですが、天然100%だけの商品はヘナとインディゴの2つです。

ヘナ染めの良さ、効果を体験するなら?

ヘナ染めをしてみようと思ったきっかけは人それぞれ

・化学物質アレルギーになってしまった。
・普通の白髪染めで地肌がピリピリするのが嫌、体に悪そう。
・ヘアカラーの匂いがダメ。
・年齢もありできるだけ体に負担のかからないものに変えていきたい。

などきっかけは様々ですが、ヘナの良さや効果を一番感じることのできるのはなんといっても
ヘナナチュラルで染めてみるのが一番良いです♪

ヘナナチュラルを髪全体に塗布してみましょう。

ヘナで染めて髪が明るくなりすぎたなと思ったら

ヘナ染めは、通常のヘアカラーのように脱色成分は含まれていませんので黒髪が明るくなることはありませんが
細い髪の方や黒く見えていてもメラニンが少なかったりする髪であればヘナだけで染めても黒髪も結構明るくなります。

ヘナ染めで黒髪は明るくできません!は嘘でしたm(_ _)m

白髪をヘナで染めるとオレンジになりますが、ほとんどの方は、全部白髪ではなくところどころに白髪があるためヘナで染めるとオレンジになると言っても白髪の生え方次第ではオレンジが目立つわけではなく全体的に『白髪ぼかし』のようなイメージです。

オレンジが目立つなと感じたらインディゴでもう一度染めます。

これが俗にいう『2度染め』と言われる染め方でヘナ染めで自然な色に染めたい方や白髪が多すぎてオレンジが目立つ方によく利用されています。

2度染めをする場合は、インディゴ単品、インディゴとヘナを混ぜた商品とがありますが、

オレンジがちょっとだけボケればいい → ハーバルブラウン
オレンジが割としっかりボケればいい → ハーバルマホガニー
基本的な2度染めを体験したい → インディゴ

と言った具合に使い分けができますが、初心者の方はハーバルブラウンをオススメしています。
理由は、ヘナ染めに慣れてくれば徐々にわかってきます。

まとめ

ヘナ染めはいわゆる『希望の色に染める』普通のヘアカラーとは全く異なります。
ヘナ染めでこんな色に染めたい♪というのはできません。
自然から生まれた自然の色素ですから髪の毛も自然な色に染まります。

人それぞれ髪質も違いますので『自然の髪』に『自然の色素』で染める。
これがハナヘナが考えるヘナ染めです。

ヘナの使い方・ヘナを自分でやる最適な方法

メルマガ登録

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ