ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

DO-Sシャンプー&トリートメント

DO-Sシャンプーを使ったら髪の毛がバサバサになりました・・・

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

シャンプー解析サイトでは最低ランク評価のdo-sシャンプー、トリートメント。
これまでの一般的なシャンプーの宣伝とは違いますので使う前に注意事項を確認してくださいね!

このシャンプーを使うと髪の毛サラサラ〜♪ツヤツヤ〜♪
なシャンプーをお使いの皆さんはデューエスシャンプー(do-s)を使うと2,3日で
バサバサになってしまいます。

でもそのバサバサがあなたの本当の髪の毛の現状なんです。

見た目ダメージしてるのに(ヘアカラーやパーマを繰り返している)手触りは
サラサラ、つやつやの髪の毛は『コーティングされてる』状態なんですね。

例えるとお肌にファンデーションを『ずっと塗り続けている状態』です。
ファンデーションでずっとコーティングされた肌はどうなりますか?
皆さん経験があるかと思いますが、メイク落としをせず1日中ファンデーションを
塗り続けていると肌はボロボロ・・・

そう、髪の毛も同じでシリコン入りシャンプーやトリートメントでずっとコーティング
していると開閉機能を持ったキューティクルがうまく機能しなくなり必要な水分や脂質が
毛髪内部に行き渡らず、結果的に髪の毛内部がボロボロになっていきます・・・

長時間続くサラサラつやつやの『手触り』は魅力的ですが、徐々にダメージしてくるので
美容院で行うトリートメントもだんだんと強力なコーティングをしないと
見た目も手触りも良くならない『負のスパイラル』に陥ってしまいます・・・

コーティングを続けるとどうなるの?

 

・パーマが綺麗にかかりにくい。

シャンプーやトリートメントに含まれるツヤツヤサラサラを出す『手触り向上成分』は
キューティクルに付着します。
ダメージしてる髪の毛はところどころキューティクルが剥がれていますので
剥がれたところにはコーティング剤は付かないわけです。

すると、パーマ液が浸透する場所しない場所が出てくるので当然パーマのかかりが
良くなりません。
結果、綺麗なカールが出ないもしくはすぐ取れてしまうということになります。

・ヘアカラーの色がきれいに出ない。

手触りの良いコーティングをされてる髪の毛は、パーマ同様ところどころシリコーンが付着し
ヘアカラーの浸透が悪くなってしまいます。
結果、均一に綺麗な色が出ません。

何故、DO-Sシャンプーをオススメするのか?

基本的にシャンプーとは『洗剤』であるので髪の毛の汚れを落とすことを
目的として作られたのがDO-Sシャンプーシリーズです。

デューエス(DO-S)シャンプーシリーズは

・DO-Sシャンプー
・キアラーレシャンプー
・ハナヘナシャンプー

とあり、タイプ別に別れています。

汚れを落とすのが目的なシャンプーなのに洗ったら手触りが良くなるって本末転倒・・・
手触りが良いだけで『肝心の汚れは落ちているの?』という状態。

シリコンのような長持ちする手触り向上成分を配合していないのがDO-Sシリーズです。

どうやって手触りを良くしてるの?

お肌も素肌を大切にするように髪の毛にも『素髪』を大切にすることで
髪本来の強度やツヤが戻ってきます。

肌に皮脂が分泌されるように髪の毛にも皮脂を与えてあげる
人間の皮脂にもっとも近いとされている脂質はホホバがありますが
DO-Sシリーズはそのホホバを採用しています。

ファンデーションのように洗えばすぐに落ちる脂質です。
長時間続くコーティングをしなくても1日持てば良い。
という考え方がDO-Sシャンプーです。

まとめ

まずはしっかりとブログを読むことをオススメします!

・DO-Sシャンプー↓↓↓↓

髪専用の単なる洗剤 DO-Sシャンプー&トリートメント

ハナヘナシャンプー↓↓↓↓

ヘナ白髪染めにすごく合うシャンプー&トリートメント作っちゃいました♪

DO-S、ハナヘナ、キアラーレ、ミックスハーブ↓↓↓↓

do-sシャンプー、ハナヘナシャンプー、ミックスハーブどれが良い?

メルマガ登録

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ