ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

ヘナ染めは【色が選べない白髪染め】って聞きましたがどういうことですか?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

ハナヘナのヘナはヘナ(オレンジ)とインディゴ(ブルー)という
2種類の天然ハーブしか使っていませんので、色味はこの2種類の
オレンジとブルーの配合分量を変えた色にしかなりませんが・・・

※他メーカーでは◯◯ブラウンや◯◯オレンジなどの数種類の色が選べる
みたいですよ・・・謎

天然染料だけでの白髪染めは主に2種類のハーブで染めますが、中には
ターメリックや茜などを使用する場合もありますが、【髪の毛】という素材
に【長期間着色】できる天然ハーブはヘナとインディゴくらいです。

普通のカラー剤は化学薬品で作られていますので様々な色の種類が選べますが
実はこの化学染料が髪の毛に着色できる期間は意外と短く髪の状態が悪ければ
2,3日で取れることも・・・
日持ちしても2週間程度です。

天然染料であるヘナは酸化染料である普通のヘアカラーに比べると着色の
仕組みが違うので【色持ち】で比べると断然ヘナ染めの方が色持ちします。

天然染料で染めるヘナ染めは、2種類の色しか使えませんので【色が選べない】と
思いがちですが、染める側の髪の毛は人それぞれタイプが違いますよね。

・髪の太さ
・白髪の量
・白髪の生えてる部分
・元々持っているメラニンの量

このように4つの大きな要素が違うので同じ配合で染めても他人と違う色が
出るのはこのためです。

まさにヘナ染めは、【オートクチュールカラー】そのもの。
他人と被らないあなた色に仕上がります。

ヘナ染め初心者が美容室を選ぶときのポイント!こんな美容院には行ってはいけない

ヘナで白髪を染めるのとヘアダイ(普通の白髪染め剤)で染めるのと何が違う?

メルマガ登録

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ