ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

もう少し色を抑えたい場合どのカラーを選べばいいでしょうか。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

もう少し色を抑えたい場合どのカラーを選べばいいでしょうか?

ホームページより問い合わせありました

メールアドレス :
名前 :
電話番号 :
内容 : ヘナ染めのカラーで問い合わせです。
従来はハーバルブラウンで自宅染めしています。
もう少し色を抑えたい場合どのカラーを選べばいいでしょうか。
染め方のコツも教えていただければと思います

もう少し色をおさえたい・・・

現在ハーバルブラウンで自分で染めていらっしゃるようですね。
お使いのハーバルブラウンの色味よりおさえたい・・・(暗くするという認識)で書いていきます。

ヘナ染めの色味の種類は、ヘナ(オレンジ)とインディゴ(ブルー)
この2種類を混ぜたり分けて塗ったり(2度染め)して自分の地毛の色に合わせていきます。
ハーバルブラウンより少し落ち着かせるとなるとインディゴの量を増やすことで
色味を(オレンジ色を少なくしブルーを増やす)おさえることができます。

質問の表現に【もう少し】とあるので、お勧めはヘナとインディゴを別々に購入し
自分で割合を調合するのがいいかもしれません。

ハーバルブラウンは、ヘナ40%+インディゴ60%の割合ですので
ヘナ50%+インディゴ50%の同量でやってみて色味を調節してみて下さい。

それでももう少し・・・
ということであればヘナ30%+インディゴ70%
インディゴを増やすことで明るさをおさえることができます。
3+7でももう少しということであれば

ハーバルマホガニー(ヘナ20%+インディゴ80%であらかじめ混ぜてある)を使うと
良いでしょう。

染め方のコツも教えていただければと思います

ヘナ染めの染め方に関しては、髪の長さややりやすさが最も重要となってきます。

髪の長さがシュートからミディアム(ボブ)あたりだと
スポイドを使ったやり方も結構簡単でお勧めです。

刷毛塗りや手塗り、スクーパを使った方法もありますので
動画を参考にどれが自分にむいているかを探ってみるのも楽しいものです。

ハナヘナ チャンネル

最後に

ヘナ染めの基本はヘナとインディゴの割合。
しっかり染めるなら2度染め(頻度により混ぜたものでもOK)
自分の髪の状態をみながらいろいろと試してみるとよいですよ♪

ココナッツオイルを混ぜたりもいいですよ!

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

FacebookやTwitterもよろしくお願いします。

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ