ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

ヘナシャンプーってどうなの?って疑問に美容師が答えます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

天然ヘナシャンプーやヘナシャンプーって未だに多く出回っていますし
ヘンナ配合でボタニカシャンプーなんてネーミングを見れば素人さんは

『あ、なんだか良さそう♪』って感じで手に取ると思いますが・・・

残念ながらまったくもってヘナの効果なんてありません♪

ヘナシャンプーやボタニカルシャンプーに入っているのは化学色素

シャンプーやトリートメントの裏面には必ず入っている薬品の名前が書いてあります。
だいたい最後の方あたりにHCとか青色◯号とかそんな名前が書いてあるはずです。

もしそのヘナシャンプーというものが『使うたびに徐々に白髪が目立たなくなる』なんて
表現してるものであればヘナで染まっているのではなく化学色素で染まっていくのです。

かの有名な昆布トリートメントなんかも同じ原理でHC染料や塩基染料で染まっていきます。
塩基も裏面の最後の方に出てきますね。

そもそもシャンプーは汚れを落とすもの

このブログでも何度も書いていますがシャンプーは洗剤です。
もし髪にいい成分であればシャンプー(洗剤)できれいにしてから良い成分を使えばいいと思います♪

シャンプー業界では大きく分けて石油系とアミノ酸系に分かれていて
代表的な表現が

石油系 → 粗悪な成分で体に悪い

アミノ酸系 → いい成分を使っている

みたいな図式ですが、洗剤にいい成分や悪い成分と区別するってのがそもそも場違い(笑)

声を大にして言いたいですが

洗剤は目的に応じて使い分ける

ことが正しい判断だと思います。

本物の天然シャンプーとは?

本当の意味での天然シャンプーとは
いちいちお湯に溶かして使わなければいけないとんでもなく不便でお湯に混ぜて数日放置していると
腐るシャンプーが本当の意味での天然シャンプーで、うちが作った世界初の防腐剤不使用の
天然ハーブシャンプーのジェルソープという商品です。

ハナヘナ ジェルソープ

ここ1年位ですごく注文が入るようになって僕自身がびっくりしているのですが
やっと時代が僕に追いついてきたのかな?(笑)

近々リニューアルする予定ですが予定は未定です。

ヘナシャンプーではなくヘナに合うシャンプーであればいい

ヘナ配合のシャンプーよりヘナ染めしてる方やヘナ染めする方
ヘナやインディゴに相性のいいシャンプーであればいいと思います。

今の所推奨しているシャンプーはDO-Sシャンプーですが、ヘナ染めにもっとも相性のいい
成分バランスがそろそろ決まりそうなのでそのうち発表するかもしれません。

ヘナに合うシャンプーでヘナの匂いが多少軽減されるとかここ数年手探りしてるのですが
ようやくお披露目できそう・・・
これも予定は未定ですが完成するといいですね♪

まとめ

なでもそうですしどんな商品でもそうですが、これ一本で◯◯!
なんてものは、健康でなにも問題のない人に向けてのものではないかと思っています。

人それぞれ目的が違いますし素材の状態が違いますので、これさえあれば大丈夫!
なんてものは眉唾ものかと。

シャンプーにヘナを混ぜてもどちらも目的が違いますしね(笑)

まぁ選ぶ、買うのは消費者側の感覚ですので僕が何かを買うときも含めて
商品に求めているのか、買うこと自体に求めているのか『購買』という
行為はそれぞれの中にしか真実がないので他人がとやかく言うことではないというのが
本音なのですが、ものづくりをしてる側からすると騙すようなやり方はちょっとなぁ
と思うわけです。

おしまい。

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ