ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

強いシャンプーで洗ったらパーマが取れますか?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

美容院に行ってパーマをかけると美容師さんに
今日はパーマしたのでシャンプーはしないでくださいね。
取れやすくなりますから・・・と言われました。

たしかに平成のはじめの頃くらいまでは、このフレーズを言う美容師さん割と
いたかと思いますが、もう令和ですので未だにこれを言ってる美容師さんがいたら
ちょっと・・・(笑)

パーマのかかる仕組みは還元剤と言われるパーマ液で
髪の内部にある側鎖結合というものを還元して髪を曲げていくのですが

シャンプー剤が弱くても強くてもシャンプー液は還元剤ではないので
側鎖結合に影響はありません。

もし次の日あたりにシャンプーしてパーマが取れたのであれば
それははじめから・・・

パーマがかかっていなかった

ということ。

シャンプーをしたからといってパーマが取れるなんてことはありません。

ではなぜパーマは時間とともに取れて来るのか?

理由は

髪の毛にいろいろな整髪料やトリートメントをつけるから。

※ 他にもありますが結構みなさん見落としてる。

パーマのカールというものは重力とは逆の作用を有しますよね。

りんごが落ちるのと同じで地球には重力があります。

パーマは重力に逆らった状態を作り続ける現象なので

髪にいろいろと付着させると髪は当然重くなります。

重くなれば伸びる!

これがパーマが落ちたように見える現象。

強いシャンプーよりテカテカになるトリートメントや
しっかりつるつる感が持続するトリートメントの方がパーマが取れたようになります。

パーマスタイルを楽しむなら髪に余計なものがつかないようにしましょう♪

 

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ