ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

ハナヘナの頻度について教えてください。白髪が少しでも見えるのが嫌・・・

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

鏡を見るたび気になるあの白い毛・・・
特に生え際や分け目周辺など気になる部分にだけなんで生えるのかしら・・・

なんて思う方がほとんどなのでしょうが、その前に・・・

白髪はなぜ生えてくる?

白髪が生えてくる原因の解明は未だに明確な答えは無いようですが
元々髪の毛が頭皮の中で作られている段階では『全部白い毛』なのですね。

その白い毛にメラニンというその人が元々持っている色素を色素細胞が着色して黒髪として生えてきます。

しかし様々な原因により色素細胞が機能しなくなってそのまま『白い毛』として生えてくるのですね。

質問

白髪が少しでも見えるのが嫌なので全体染めを1ヶ月に1回、頭頂部染めを1週間に2回しています。毎回、頭頂部の根元のみインディゴ で2度染めしています。こんなに頻繁に染めてもいいものでしょうか?頻繁すぎてそのうち頭皮に色素沈着をおこしてしまわないでしょうか?

ハナヘナの頻度について

白髪の生える場所によって人それぞれ目立つ、目立たないがあるかと思います。

ハナヘナの頻度については過去何度か書いてきましたが

白髪染めどのくらいのペース(頻度)で染めればいいの?美容師が正解を教えます。

ヘナ染めはどのくらいのペースで続けるといいですか?頻度を教えてください。

今回の質問の場合ですと色素沈着の心配ですので

色素沈着とは?

色素沈着はの原因も様々ですが、一番の原因は『敏感肌』の状態にあり
なおかつその状態で紫外線に浴び続けたり、肌の生まれ変わりが正常に行われなかった結果
色素沈着につながります。

通常、色素沈着の元の要素が合ったとしても肌の生まれ変わりの時に押し出される仕組みに
なっています。

敏感肌とは?

敏感肌という定義も曖昧ですが、元々敏感肌なのか?敏感になる状態を意図的に作り出しているのか?
ってことですよね。

意図的にってのは、毎日の洗顔も含まれますので頻度というよりは、アフターケアを大事に
すればいわゆる『敏感な状態』を防ぐことができます。

ハナヘナ染めの頻度は?

この方の場合、染めすぎているから少なくしなさい!というよりは染める前に頭皮が乾燥していないか?
染めた後頭皮が突っ張ったり、刺激があるように感じないか?ってことが大切です。

頭皮からは通常1時間に1センチ程度の分量で『皮脂』が分泌されますから
頭皮を守る皮脂を考えると染めるものが直接頭皮に付くのを緩和してくれます。

ですので、1度染めの場合は普通にそのまま塗ってOKですが2度目をすぐに!
となると少し間をあけるか、頭皮に直接つかないように塗るか?

塗った後ハナヘナオイルなどで頭皮が直接紫外線にさらされないようにアフターケアするか。

ってのが大事になります。

以外に頭皮に直接塗らなくても浸透圧で根元まで浸透するので案外しっかり染まるものです。

まとめ

色素沈着の最大の原因は、紫外線と敏感肌ですので
頭皮の状況を見極めるのが塗る前の自己診断(敏感肌)

そして塗った後はオイルなどで頭皮をケア(紫外線)

この2つを気にしていれば色素沈着は分かる範囲での原因は防げるのではないか?
と僕は思います。

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ