ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

白髪染め完全ガイド

よく見る市販白髪染めのやり方動画は、初めて染める場合に限る染め方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

手軽にスピーディー!
ツンとした匂いもなく簡単ワンプッシュ!
天然成分配合で髪の毛のダメージを軽減!

おそらくこのブログの読者さんたちは市販白髪染めを買って自分で染めるなんてことのない
ユーザーさんばかりでしょうが(笑)

市販白髪染めの売上は、美容院などで染める白髪染めの売上をはるかに上回るようですが
処方箋をもらわずドラッグストアで手軽に薬を買うようなものでしょうか・・・

超軽度の病なら初期対応で治せますが発症してしまった病ではピンポイントの薬と
休養が必要になりますよね。

市販白髪染めも似たようなところで初めて白髪を自分で染める場合(軽度)であれば
なんとか綺麗に染まりますが、2回目以降はやり方を変えなければいけません。

テレビCMなどで市販白髪染めの染め方を紹介してるのは初めての場合

よく見る白髪染めのやり方は、白髪染めを髪全体に髪が隠れるくらいまでたっぷり乗せて
毛先まで塗布してる映像ではありませんか?

たっぷり乗せて毛先まで染めるやり方は、『初めて白髪染めをする場合』のみ有効です。

天然成分配合で髪に優しくダメージを軽減

髪を染めるということは髪の毛のメラニンを破壊して色をつけるということですから
天然成分で髪の毛のダメージを防ぐことなんて到底できません。

2度目に染める場合はコツが必要

天然成分配合だからなんど髪を染めても傷まないっていうのは安易すぎます。
天然成分配合でも目的は『白髪染め』ですので髪をダメージさせることには変わりありません。

市販白髪染めでも最低限のダメージは伴いますが、やり方次第では上手に染めることはできます。

1度目は髪全体に満遍なく塗布すればいいのですが、2回目以降は『白髪が伸びたところだけ』
に塗布できるテクニックを必要とします。

1度染めた髪に何度も白髪染めの薬剤が触れるとだんだんとダメージは蓄積し
毛先がトロトロ、ふにゃふにゃ・・・
今にも切れそうなダメージヘアーの出来上がり。

これは美容師が塗布する場合も同じことで、一度ヘアカラーの薬剤の浸透した部分は
・塗らない
・ダメージに応じた事前処理が必要

このように2度目以降は染めるコツが必要になります。

まとめ

髪の毛が丈夫、多少傷んでも気にしないって方は、自分で適当に染めても平気でしょうが
年齢とともに髪が傷んでいるととても印象が変わってきます・・・
髪は女の命と昔よく言われたものですが、男性でも女性でも髪は綺麗にしておくことに
越したことはないですよね。

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ