ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

ヘナを求めてインドまで

ユニクロ インド (UNIQLO INDIA)インドデリーバサントクンジ店へ行ってみた!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

日本人なら誰でも知ってるユニクロ。
皆さんも一度くらいは買ったことがあるかと思いますが
なんとインドに出店するということを出張前に知っていたので
絶対行ってみたいと思いスケジュールに組み込み行ってきました!

出店場所は、インドでリーの巨大ショッピングモールの
アンビエンスモール・バサントクンジ店(売り場面積約1000坪)
住所:Ambience Mall Vasant Kunj, No. 2, Nelson Mandela Marg, Vasant Kunj, New Delhi, 110067

インドでは3店舗同時OPENをするということらしいのですが
11/1にはsaketにもオープンが決まってるとのこと。

ユニクロ DLF プレイス・サケット店
住所:DLF Place Saket, Saket District Center, New Delhi, 110017
売場面積:約600坪(1、2階の2フロア)

最後に
ユニクロ DLF サイバー・ハブ店
住所:DLF CyberHub, DLF Phase 2, Gurugram, Haryana, 122002
売場面積: 約350坪(1、2階の2フロア)
オープン日:2019 年秋

の予定だそうです。

1号店のバサントクンジ店は売り場面積約1000坪もあり1階から3階までユニクロスペース。

まだOPEN前でシャッターが締まってますが3階までの売り場

前回のムンバイで気になったスタバの件も含め
経済成長著しいインドで若者のファッション文化や今後の国の動向を
調べるのもこの国と付き合っていくスキル。

 

実は、ユニクロさんはもう10年以上前にインド法人を作り水面下で
いろいろとインド出店に向け準備されてたそう・・・
しかしスタバ進出時にも書いた他国企業がやすやすと出店できない壁があり
10年以上たった今年(2019年)ようやく出店にこぎつけたそうで・・・

そんなユニクロがインドのファッション文化にどうきりこむのか?
1つの突破口が、インド伝統衣装の『KURTA』(クルタ)

インドといえばサリーやパンジャビなど有名ですが、このクルタを取り入れ
どう現代ファッションと結びつけるのか?
僕にとっては非常に重要で大企業の先見性戦略は見もの♪

ゆっくりと1階から3階までいろいろと見て回りましたが男性用・女性用・子供用と
品揃えは豊富!

しかし・・・
やはり価格は日本で買う価格よりお高め・・・
関税などいろいろとマージンがあるのだろうなと・・・

そして注目すべきはインド人スタッフ教育をどうやってのけたのか?

店内を歩いているとスタッフ全てが笑顔で『ようこそユニクロへ♪』
と声をかけてくれます。

一人だけ日本人マネージャーのような方を見かけましたが
オープン前についたこともあり開店前ミーティングなどもスタッフ全員を
集めてされてました。

日本でも『教育』はすごく難しいスキルですので
文化や感覚の違うインド人に教育プログラムを作れるというのは
やはりすごいなと。

モールの壁のいたるところにFROM TOKYO TO DELHIの文字が書かれており
それを見るだけでもなんだか感慨深い印象を受けました。
猛烈にユニクロファンでもないのですが、インドに進出というのが感動的で(笑)

ある程度見回り、話題の『クルタ』を購入

前の人のレジ中で後ろに並んでいると、僕を見かけ写真の女性スタッフが
さっとやってきて笑顔で対応。

しかし、まだ不慣れなのか完全に緊張してるのがバレバレで
手が少し震えていました(笑)
がんばれよーって感じで見てましたが♪

お会計を終え店内を出るといきなりけたたましいアラームが!!!
すぐ横にいた警備員もびっくりな感じで、えっ?俺?
とキョロキョロしてるとすぐに男性スタッフが飛んできて
状況を瞬時に察したらしく、紙袋の中身を確認し申し訳ありません!

すぐに対処します!
みたいな感じでもう一度レジへ

そう。。。
あの緊張していた女性スタッフセキュリティの札を取り忘れていたのです(笑)

無事難なく解決し再度男性スタッフに挨拶され
お店を出ることができました♪

いろいろとハプニングのあるインドですが
デリーユニクロで経験できたこともなんだかほっこりしました♪

迎えの車を待つ間モールの外でモールに入るインド人の若者たちの人間ウオッチング
をしていたのですが、若者のファッションは『いわゆるインド』ではなく
完全に世界基準。

ハナヘナという伝統的文化を取り扱ってる僕としては
いろいろと妄想が広がります。

明日はまたバンガロールという経済都市に移動
新たな発見をしまた妄想したいと思います。。。

 

 

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ