ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

ハナヘナについて

天然ヘナと湯シャンの関係性 メリット・デメリット

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

天然ヘナとは?

ヘナという植物の持つ色素を
利用した草木染めのような染色方法で
古来から髪を染めたり爪を染めたりとして
使われてきた染色方法です。

白髪染めにヘナを使うメリット、デメリットをヘナ歴12年美容師の私が、徹底解説

湯シャンとは?

お湯だけで髪や頭皮を洗う
洗髪方法で、シャンプー剤や石鹸等で
洗う際、皮脂を取りすぎて乾燥しすぎる
方々などがやっていた入浴方法

近年、海外セレブが湯シャンをやっている
ことが話題になり洗剤を使わず入浴する
方法として注目を集めています。

湯シャン歴10年の美容師が教える 正しい湯シャンのやり方【リメイク版】

天然ヘナと湯シャンのメリット・デメリット

天然ヘナ染めは頭皮や髪に負担をかけない
染色方法ですが、染める側の髪の状態に
より個人差があります。

天然ヘナのメリット

・化学染料で染める時に感じるストレスがない
・頭皮が冷やっとしない
・頭皮がピリピリ痛くない
・化学染料の鼻につくツンとした臭いがない
・髪の毛にハリ・コシが出る
・トリートメントいらずな髪になる

天然ヘナのデメリット

・葉っぱの色素で染めるので色が選べない
・通常のヘアカラーに比べ染めるのに
少しだけ時間がかかる

湯シャンのメリット

・シャンプーもトリートメントも使わない
ので超経済的
・入浴が短時間

湯シャンのデメリット

・髪の毛についたスタイリング剤が
落としにくい
・ドライヤーで髪を乾かす時に手に
皮脂がつく

天然ヘナと湯シャンの関係性

湯シャンを継続すると自己代謝しない髪の毛
には皮脂が付着します。
頭皮からは1時間に約1センチ程度皮脂が
分泌されこの皮脂が自然の仕組みで
髪の毛を守るトリートメントとなります。

この皮脂は紫外線や摩擦から髪を守ったり
髪をしなやかにしたり寝癖をつきにくく
する役割を持っています。

しかし現代社会では大気中の排ガスなどが
油汚れとして皮脂に付着するため
ヘアースタイルによっては少しだけ重く
感じることもあります。

そんな時は天然ヘナの出番です。
天然ヘナは皮脂や油分を吸着する性質も
ありますので皮脂についた汚れを
しっかりと落としてくれます。

まとめ

湯シャンにとって天然ヘナはシャンプーや
トリートメントの役割を担っています。

アトピーや乾燥肌の方は髪は洗剤で洗っても
肌はお湯のみで洗う方法が肌に
負担をかけませんので試してみる
価値はあるかと思います。

湯シャンするなら髪の毛以外に取り入れる
とスムーズにできます。

ただし天然ヘナは植物ですので
使用する前にはパッチテストをする
必要があります。

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ