ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

独り言

髪も肌も『酸化』することが前提で存在している・・・持続性の罠

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

野菜は体に良いってみんないうけど
野菜の元の『種』のことはみんなあまり
話をしませんよね・・・

世界中の野菜栽培で使われてる種は
『F1種』といって1世代しか使えない
一度生育したら2度と種をつけない

生物の中では『異常』な種が
使われているんですよね。

これは農業を効率化する1つの方法
でもあるんですが、種をつけない
種なしの異常種といっても過言では
ない種・・・

肉より野菜
野菜をたくさん食べて〜

とは皆知ってるけど、野菜を作る
大元の『種』のことはみんなほとんど
知らない事実・・・

土壌が化学肥料云々の前に
もっと『種』のことも知っておかなければ

本末転倒ではないかと思います・・・

 

髪の毛や肌も同じで

酸化を防ぐ

などと酸化が悪いこと
のように美容界では言われていますが

肌も髪も本来『酸化してしまうこと』が
『前提』で存在しています。

爪のマニキュアをしばらくしていて
たまに休息としてマニキュアをやめると

爪は強度を失い
柔らかく割れやすい爪になります。

肌にファンデーションをずっと塗ってると
肌は荒れてしまいますよね?

素肌がファンデーションで空気(酸化)に
触れないと肌は傷んでしまいます。

髪もあれやこれやつけまくり
ずっと手触りが良い状態を作ってしまうと
手触り(コーティング)の下は
酸化せずだんだんと弱ってきてしまいます

心地よい状態が長続きすると
便利ではあるけど
素肌や髪の毛はとっても息苦しく
ボロボロになってしまうということです

どうすればいいか?

毎日使うものを今一度再確認してみる
ってことだと思います。

毎日使うのだから毎日リセットできる
ものにしたほうがいい。
ファンデーションやボディーソープ
シャンプーやトリートメント

一回で驚くほどツルサラになっても
持続してしまったら結局ダメージ
してしまうんですよね・・・

『持続性』という売り文句は
要注意ですね。

ヘナとは? 髪や肌に良いって聞くけど何がいいの?美容師が解説します。

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ