ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

ハーバルブラウンやハーバルマホガニーで毎回毛先まで塗ると黒くなりますよ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

ステイホームで自宅で自分でヘナ染めにチャレンジしてる人が増えていますが、ノリでやっちゃう人、慎重派、天然系盲信さん、あたしのやり方が絶対さん等いろいろいらっしゃいますが、天然ヘナ染めは【毛髪】という人それぞれ違うものに天然の色素を乗せる非常にシンプルなものです。

天然ヘナ染めで髪の毛のコンディションが良くなったからと言って【もっともっと】キレイに!になってしまうとそれはもはや『ドーピング』
自然の美しさは、【ありのまま】だからこそ美しいのです♪

インディゴ、インディゴ配合のものは頻繁に繰り返すと真っ黒になります

ヘナ染めの頻度はどれくらいか?
と聞かれると人それぞれ髪の毛のダメージ度合いや毛質の差、白髪の生え方や分量が違うのでこれが正解!というものはありませんが、一つだけ言えるのは、『頻繁に毛先まで塗ると真っ黒になる』ということです。

ヘナだけの場合は、大丈夫ですが、インディゴ配合のブラウンやマホガニーなどは頻繁に毛先まで塗布すると真っ黒になってしまいます。

これもより黒くしたい人は別ですが、『自然な色が好み』という方は、髪の毛が扱いやすくなったからと言って頻繁に繰り返すと自然な色ではなくなってしまいます。

次回染める目安は?

これも、、、少しでも白髪が見えると嫌な人や生え方でそんなに気にならない人などいろいろですのでこれが正解はありませんが、生え際や分け目周辺の目立ったところは『気になるときが染める時期』です。

毛先は基本的に1ヶ月程度間をあけると真っ黒にはならないと思います。
ヘナナチュラルは毛先まで塗布でOKですが、インディゴ、インディゴ入りは毎回毛先まで塗らない。

まとめると

ヘナ染めは繰り返すほどに髪の毛が自然な美しさをつくってくれるとてもありがたい天然染料です。
繰り返すことで髪のコンディションは良くなりますが、【色】というコンディションとは別なものがあります。
インディゴ、インディゴ入りのものは現在の髪の色をしっかり把握して頻度を見つけてくださいね。

メルマガ登録

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ