ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

インディゴを染めた直後の青緑色でキープできる方法はありませんか?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

天然ヘナで白髪染めの染め方の中にはインディゴというハーブで染める場合もあります。
インディゴは、ヘナのオレンジを打ち消してくれ自然なブラウンにに染めることができ
ブルーの色素を持つハーブです。

白髪をインディゴ(ハナヘナのハーバルブラウン、ハーバルマホガニーもインディゴ配合)
で染めると染めたてはこんな感じ。

薄っすらと青緑っぽい色になってる部分(根元)がインディゴで染めた直後の色。

実はこのインディゴ、ジーンズでおなじみのブルーの色素を持ってはいるのですが
最初からブルーに見えるわけではないのです。

インディゴという葉っぱの中にいる時はインジカンといって無色なんですね。
このインジカンが空気に触れることで酸化してインディゴになります。

しかし酸化といっても空気に触れたらすぐに酸化してしまうわけではなく
ある程度時間をかけゆっくり酸化し徐々にインディゴブルーという色に変化します。

タイトルの
インディゴを染めた直後の青緑色でキープできる方法はありませんか?
というのは、人によりこの青緑色が好き!という方がいて発色途中の青緑色で色止めする
方法はないですか?

ということなのです・・・が・・・

色してみれば青緑は色なのですが、実はこれ

『目に見える化学変化の途中』

ですので、この色(変色中)で止めるということが髪の毛でやるには
中々難しいのです・・・というか不可能・・・

ジーンズなどのインディゴの色止め法などは、お酢をかけたりクエン酸を
かけたりして色落ち防止対策しますが、あれは発色した後のインディゴブルー。

髪の毛で化学変化中の色止めは今の所方法はわかりません。
どなたか化学に詳しい方でこんな方法試してみたら?
ということがありましたらお知らせください。。。

メルマガ登録

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ