ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

インディゴのこと

【検証】金髪にしてインディゴで染めてみた。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

日本人の髪の毛を脱色(ブリーチ)すると茶系〜金髪になっていきますが
グレーやベージュ、アッシュのようなヘアカラーにするには金色(黄色)が
邪魔になり綺麗なアッシュやグレーに染めることができません。

ほとんどの場合は、【ムラシャン】といって紫の色素(塩基性)が配合された
こんなシャンプーで洗うことで金髪の黄色の補色として黄みを消すことで
アッシュっぽい色を維持します。

そこでフト思いついたのが、同じようなブルーの色素を持った【インディゴ】で
染めるとどうなるのか?

これを検証していきたいと思います。

まずはブリーチ。

1回目は、ハナヘナシャンプーにインディゴを混ぜて
ムラシャンの要領で染めてみることに。

しかしちょっと染まりが薄すぎたようだったので
今度はインディゴだけを髪だけに塗布。

インディゴ塗布して5分も立たないうちにお流し。
今度はうまく染まりました。
ここから48時間くらいかけてインディゴを酸化させ色を出していきます。

メルマガ登録

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ