ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

ヘアマニキュアでかぶれてしまいました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

今回はかぶれについての質問ですが、ヘアマニキュアで
アレルギー症状が出てしまったと・・・

現在マニキュアして20日で目が腫れて痒みがあります。
つきましては皮膚が弱いのでヘナに変えたいのですが
ヘナに変えるタイミングはどのぐらいが良いでしょうか?
お尋ねします。
そしてカラーは落ちついたブラウン系が良いのですが
思いとうりのカラーに染まるでしょうか?

マニキュア塩基性染料やHC染料ベースの商品やアシッド染料(酸性染料)
なので他のヘアカラー剤に比べて刺激性もなく安全なのですが
ヘナは植物で染めますので植物アレルギーがある場合もありますので
ヘナ染め前には【パッチテスト】を推奨しています。

ヘナ染めに興味があるなら『ハナヘナだより』と『パッチテストキット』

はじめての方のみパッチテストキットは無料で送りますので
上のリンク記事の内容をよく読んで使ってくださいね。

化学染料だから危険で天然染料だから安全とも言えないのですが
アレルギーリスクがあるのか?少ないのか?はもちろん化学染料でも
天然染料でもありますのでやはりパッチテストは必須です。

もしヘナでもダメなら・・・
皮膚科が勧めている?マロンカラーというものがあるみたいです。
この商品はポリフェノールと鉄塩の化学反応で染める商品みたいですが
原理としては黒豆をより艷やかにより黒く炊き上げるために鉄釘を入れて
煮込むと黒くなる化学反応を利用した染剤として作られています。

1剤を塗って2剤をつけるとたちまち黒〜くなるようです。
ただ、鉄分を使うのでパーマがかかりにくく取れやすくなります。

そしてカラーは落ちついたブラウン系が良いのですが
思いとうりのカラーに染まるでしょうか?

ヘナ染めでブラウン系に染めるにはヘナとインディゴという2種類の植物を
使いますが、植物染めは【黒髪を明るくする】成分は入っていませんので
どれくらい白髪があるか?
でブラウンに見えるようになりますので【思い通りのカラー】に
染める事が難しいかもしれません。

あくまでもヘナ染め、インディゴ染めは【自然な色にしか染まらない】ので
地毛の色との相乗効果で自然なブラウンになります。

植物で染めるヘナ染めってどんな風に染まるのか疑問も多いですよね。
基本的には黒髪を明るく染めることはできませんが白髪には綺麗に色が
出るのがヘナ染めです。

はじめて自分でヘナ染めしようと思います何を使ったらいいですか?

2種類の植物を使って染めるのがヘナ染め。
地毛は明るくできませんがトリートメント効果など綺麗な髪にする
様々な効果は自然の産物からいただくことができますよ。

【毎月ヘナで白髪染め】ハーバルマホガニーの1度染めだけど2度染めやってみた。

メルマガ登録

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ