ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

ハナヘナについて

【前日に溶くヘナ】と【熟成ヘナ】では質感が変わりますか?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

熟成ヘナとは?
ヘナ染めする前に前日もしくは2日前くらいにヘナを水溶きし
数時間寝かせることを熟成ヘナといいます。
先日までに溶くことでヘナの葉に含まれるオレンジ色素を水分に染み出させる
時間を作ることでヘナ染めを効率よく染めることができます。
今回は熟成ヘナについての質問
お疲れ様です。
熟成ヘナ 前日にとくのとその日にとくのとそんなに質感とかって
違うものですか?
今日 他メーカーのヘナをしたら頭が乾燥してハナヘナが良いと
行き着いたんですが◯◯さんのお店は熟成ヘナですか?って問い合わせがあり
ウチは熟成ヘナじゃないですって言っちゃったけど笑笑
そもそも予約のあった時点でヘナを溶いておけば必然的に
熟成ヘナになるので【熟成ヘナというヘナがあるわけではない】ので
熟成ヘナではないですっていうほうがおかしなことなんですけどね笑
【熟成】を売りにしてる美容室ってそもそも【おかしなこと】と
僕は思います。
ヘナ染めするには【パッチテスト】が必要ですので必然的に【予約】に
なります。
そして【ヘナは熟成できますが】【インディゴは熟成できません】ので
まずはカウンセリングでどのヘナをどうやって施術するか?
という流れが本物の・・・いや普通のヘナ染めの姿です。
昨今、自然はブームだったり健康志向だったりで【ヘナ染め】を導入する
美容室も増えていますが素材(髪の毛)とヘナ(インディゴ)の
【物理的な関係性】を理解してる美容師さんはほとんどいないのが現状です。
・ヘナは自然のものだから安心安全
・デットクス効果がある(エビデンスを理解してない)
ほとんどの美容師が癒やしや自然を全面に押し出した営業ですが
自然とはなんなのか?
髪の毛という素材と着色という物理的作用がどんな関係性なのか?
全く理解してません(残念な美容業界です)
仮に熟成ヘナを準備していたとしても染める側の髪のコンディションを
的確に把握し、どの施術、どのハーブでアプローチしていけばいいか?
という判断が間違っていればいくら熟成ヘナであっても綺麗に染まりません。
もちろんアフターケアのカウンセリングも同様で
普通の人であれば毎月美容室に通ってもたった12回しかプロの手に
委ねられないのです。
残りの353日は自分でヘアケアしないといけないので
自宅でのホームケアがとても重要になります。
結論的に熟成ヘナでも施術直前に溶いたヘナでも
染める側の髪のコンディションや放置時間でも変化するので
一概に【熟成ヘナだから安心】ということでは【決してありません】

お湯でペーストにし、何時間くらい寝かして置いたら良いですか。

熟成ヘナとは言葉遊びみたいなものなので美容室選びに直接
関係はありませんよ。

コメントを残す

メルマガ登録

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ