ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

10年以上美容師さんお勧めの〇〇〇〇〇シャンプーを使ってます、シャンプーを変えた方がいいですか?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

美容師さん(髪のプロ)からおすすめされた商品であれば
使ってみたくもなりますよね。
今回も非常に多い質問ですので記事にしてみたいと思います。

 

ホームページよりお問い合わせがありました。

メールアドレス :
お名前 : 
電話番号 : 
内容 : 先日注文しましたが、返信がまだなのでお盆休み中ですね。
もし注文変更が可能なら変更したいので連絡いただけますか。よろしくお願いします。

ハナヘナ を半年ほど使って白髪の悩みはなくなりました。ありがとうございます。引き続き使いたいのですが、髪の表面のうねってパサついた髪がなかなか改善されません。表面以外はツルツル艶々なのでなんとか改善したいのです。
シャンプーを変えた方がいいですか?もう10年以上美容師さんの勧めでバンインターナショナルのイオニートシャンプー と、洗い流さないトリートメントを使用しています。優しい泡立ちと頭皮もスッキリしてとても気に入ってます。

それからハナヘナ アワルを使用してみたいのですが、どうでしょうか?
重ねて質問すみません。
お休み明けでいいので、アドバイスをお願いします。

敏感肌用シャンプー

水、ココイルメチルタウリンNa、ココアンホプロピオン酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、
パーム核脂肪酸アミドDEA、ココイルグルタミン酸TEA、エタノール、リン酸、ポリクオタニウム-10、
フェノキシエタノール、ヤシ油脂肪酸トリエタノールアミン酸、ロジン酸ペンタエリスリット、乳酸、パパイン

使いのシャンプーを調べてみたところ敏感肌用の成分配合で【肌】にやさしいシャンプーのようですね。
おすすめした美容師さんは、あなたの肌の状態を見て判断しおすすめしたのでしょうかね。

肌に優しいシャンプーは、配合成分があまりいろいろ(ごちゃごちゃ)入っていないものが多く
いろいろ配合されてないことで、アレルギーやアトピーの方向けで、比較的肌に優しいものが
多いですね。

適度に洗いやすさもあり軋まず洗い流しやすいシャンプーのようです。

ですが。

【ロジン酸ペンタエリスリット】という成分は、表示名【ロジン酸ペンタエリスリチル】
という名前で主に光沢を出しリップグロスや付着性をよくする目的でファンデーションなどに配合されているものなので
もしかしたら髪の表面のうねってパサついた髪が改善されないのかもしれないですが
表面以外は艶々ツルツルということなので十分にこの成分が活躍しているようです・・・

ということは、物理的ダメージが表面にはありすぎてコーティング作用成分だけでは改善されないのかも・・・

髪の毛とお肌は別という考え方

髪の毛は、爪と同じようにダメージしてしまうと元には戻らないいわゆる【死滅細胞】です。

シャンプーやトリートメント、洗い流さないトリートメントで改善できる髪の状態と
改善できない状態があります。

優しい泡立ちと頭皮もスッキリしてとても気に入ってます。

とありますので、【お肌的】にはとても相性の良いシャンプーなのでしょう。
ですが、髪の毛の改善となるとちょっとシャンプーだけでは難しくなってきます。

シャンプーだけで改善できるシャンプーといえば当店がおすすめしているこちらのシャンプーですが
洗い上がりやすっきり感など今までお使いのシャンプーとは異なりますので
どうだか・・・

おそらく表面のコーティングが原因かと思われますが、実際に見ていないので
お求めになってチャレンジしてみるしか手はありません・・・

もし10年来の美容師さんがおすすめしたようにお肌が敏感肌であるのであれば
こちらをお勧めします。

シャンプーを変えた方がいいですか?

とありましたので紹介させて頂きました。

ハナヘナ(天然100%ヘナ)ともとても相性がよいシャンプーです。

シャンプー&トリートメントには必ず配合されてる【髪を落ち着かせる成分】

シャンプーやトリートメントには、必ずと言っていいほど配合されてるのが【感触向上成分】といわれる
【シリコン】という成分です。
このシリコンはポリマーなど名前を変えてたくさんの種類があります。

※ その他のシリコンはこちら
まぁ、シリコンはこんなとこにも使われてますので安全性は高いものかと・・・

このシリコンという成分は、絶対にダメだ!というものではなく
洗い上がりのしっとり感や艶感、手触りなど【髪を洗う】ということを考えると
とても便利な成分なのですね。

しかし、髪の毛は千差万別でダメージも【目的とする手触り感】も様々ですので
どんな状態でも適応するということではありません。

手触り感や【イイ感じの洗い上がり感】※もしくは香り(結構これだけで選ぶ人も・・・)が【悪い】と
それだけで【ダメなシャンプー】となってしまいますので合成シャンプーであれば
ほとんど配合されています。

もちろん当店がおすすめするシャンプーにも【ホホバ種子油】として配合されていますが
こちらは、洗えば【簡単に】取れる感触向上成分なんですね。

一番ダメなのが、髪にへばりついて取れない感触向上成分。

最近の子供たちの髪の毛を見ると頭皮から近い髪の毛が油でべっとり、、、
ドライヤーで乾かしても乾かないような状態になってる子供たちがいますが
あれが【取れない】【感触向上成分】です。

それからハナヘナ アワルを使用してみたいのですが、どうでしょうか?

ハナヘナ アワルとは、世界中に300種類くらいあるといわれる【センナ】の一種で
美白効果や傷んだ髪の毛を引き締めてくれる効果を発揮するものです。

※ 詳しくはページの商品説明欄

今回の場合の表面の髪を落ち着かせる為の目的で使用を考えているなら
お勧めできません。

アワルはトリートメント前やヘナをしたいけどオレンジ色がつくから嫌!
という方にはとても向いていますが、今回のような髪質改善目的には不向きです。

物理的現象でいち早く改善したいなら

表面の髪にうねりがあるとのことなのでいち早く改善するなら
その部分だけ【縮毛矯正】(アイロンタイプ)をお勧めします。

全国のおすすめ美容室はこちら

まとめ

髪の状態とお肌の状態は必ずしも同じではありませんし
お肌は毎回クレンジングして感触向上成分もなにもついていない状態に
【毎日】【リセット】しますので、髪の毛のように年がら年中、艶々ツルツルという状態ではありません。

髪の毛も気温によってキューティクルを開閉させ髪の油分や水分を調節していますが
ずーとツルツル艶々だとそれができなくなり次第に弱ってくるというのが物理的な現象です。

そうならないためにも【リセット】すっぴん髪にする必要があると考えています。

どんなに良いといわれるシャンプーやトリートメントも万人には適用しませんし
成分が適合しても香りがダメ(笑)ということもあります。

さらに髪質がある程度改善されたときに使い続けても大丈夫なものなのか?
どうか?
根本的に髪は修復できない物質ですので【髪についてる成分】によって
髪の状態が違うわけですからずっと髪に残り続ける感触剤は、適合範囲が狭くなるのは
当然のことですね。

髪に合う。
肌に合う。

いろいろありますので、様々なリスクを消去法で考えたとき
行きついたのが今お勧めする商品なのです。

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

FacebookやTwitterもよろしくお願いします。

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ