ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

独り言

化学物質過敏症(CS)香害で苦しむ人たち

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

テレビ番組『ガッテン!』で柔軟剤の使い方が紹介され放送内容に対し
柔軟剤の使い方についておかしな内容過ぎるなどと批判が相次いだそうだ・・・

化学物質過敏症とは、ウィキペディアによると

化学物質過敏症(かがくぶっしつかびんしょう)とは、非常に微量の薬物や化学物質(主に揮発性有機化合物)の曝露であっても健康被害が引き起こされるとする疾病概念。人体の薬物や化学物質に対する許容量を一定以上超えると引き起こされるとされており、個人差が大きいといわれる。化学物質の摂取許容量と同様に、発症原因および症状、その進行・回復速度や度合いも多種多様であるといわれる。 本態性環境不耐症とも呼ばれる。

ということだそうで・・・
現代社会の様々な商品に使われている化学物質によりその人の持つ対応できる許容量が超えると
発症する可能性があるということ。

この化学物質過敏症と同じような言葉で『香害』という健康被害がありますが、
こちらは『単なる好みじゃない香りのことをもっともらしく表現してるだけ!と
化学物質過敏症ではない方々から否定される状況も起こっているのですが化学物質過敏症同様
香料にも化学物質が含まれているわけでこちらもやはり許容量を超え香料に含まれる成分で
頭痛めまいなど発症します。

最近では喫煙のお店も当たり前になってきましたが、喫煙は同じお客さん同士が迷惑することも
考えられますが、料理やものを提供しているお店側の人間も受動喫煙に悩まされることも
化学物質過敏症や香害もお店の人が影響を受け、最近ではやむおえず閉店してしまうこともありますね。

人間の嗅覚というものは生命を維持する感覚器官でもあるため『いい香り』(香料)が長続きする
ことは嗅覚を麻痺させることであるのでいわゆるドラッグに近いのかと思います。

インドでは大気汚染問題で毎年700万人が死亡しているという(WHO)
※人口が多いのでそれでも0.05%ですが。

インドは経済発展の影響で日本では経済発展の成れの果て・・・

化学物質過敏症というアレルギーが発症してしまう前になるべく香料が長続きする製品は避けるなど
自己防衛が必要ですね。

白髪染めと化学物質過敏症【香害】から更年期障害へ身近に潜む危険

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

FacebookやTwitterもよろしくお願いします。

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ