ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

毎日プールに通います。ハナヘナ染めしても大丈夫でしょうか?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

昭和の皆さんは記憶にあるかと思いますが、昔はプールに白くて丸いタブレットを先生が
プールへ投げ込んでいましたよね。
それを潜って掴んでみたりとよくいたずらした記憶がありますが、あれが塩素のタブレット。

触ると手がヌルっとしてましたが小学生のときはさほど気にすることもありませんでしたが
あれは素手で絶対に触らないほうがいいです!

プールの塩素ってどんな意味があるの?

プールは不特定多数が利用するため感染予防や水質維持のため条例により
決まった濃度にする必要があります。

小さいとき
あっ・・・出ちゃった・・・
なんて場合もありましたよね(笑)
そんな水を消毒する意味でもあります。

プールの塩素濃度

条例で定められてる遊泳用の塩素濃度は0.4mg/L 〜 1.0mg/Lです。
1リットルに0.4mg〜1.0mgですので目薬1,2滴程度くらいでしょうか。

ちなみに家庭の蛇口から出る水道水の塩素濃度は、0.1mg以上の濃度を保持することが
条例により義務付けられています。

プールでの髪や肌荒れのトラブル

長くプールに入っていると肌がピリピリしてきたりする方もいらっしゃいますが
殺菌を目的としたプールに長時間入っていることで肌の皮脂がなくなってしまい
乾燥しやすい状態になるためです。

肌が突っ張るような感じになった場合は、塩素をきれいに洗い流し・・・
といってもシャワーの水も塩素入りですので塩素を除去するシャワーヘッドや塩素を除去した
お風呂に入って洗い流すことが大切です。

髪の場合は、髪表面を守るキューティクルが溶け出す・・・というと大げさかもしれませんが
塩素の影響でキューティクルがダメージして髪がバサバサになることがあります。
そのままプールの水を洗い流さずにいると髪の色も脱色される原因にもなりますので
やはり塩素を速やかに取り除く方がベストです。

洗い流したあとは、保湿ケアも重要な要素ですのでしっかり行ってくださいね。

ヘナをしても大丈夫?

ヘナ染めをした直後ですとヘナの色落ちの原因になりますのでヘナ染め後は数日間を空けるほうが
いいかと思います。
もちろんヘナ染めをする頻度にもよりますが、ヘナ染めをはじめてまだ数回という場合は
色落ちが多くなります。

通称ヘナ髪と言われるヘナを十数回繰り返している髪は初回に比べると色落ちもしなくなるほど
しっかりとヘナの成分が髪に浸透していますので色落ちもほとんどありません。

プールがオレンジ色になることはありませんが、プールキャップをしっかりかぶるなどで
対策をしたほうがベストです。

まとめ

健康維持や運動不足解消のためのプールですが、塩素が入っているため肌にいいかといえば
NOになりますので、あまり長時間のプールを避けるか、プール後はしっかりと塩素を洗い流す
ことが大切です。

内蔵も大事ですが、髪や肌はその内臓を守るための防御装置ですからね。
しっかりと除去、保湿ケアを行ってください。

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ