ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

天然ヘナを溶くお湯の温度は何度くらいがいいですか?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

ヘナを混ぜるお湯・・・
ずいぶんと昔は熱すぎないお湯で
溶いてくださいと言っていましたが
現在はこれはNG

天然100%であるハナヘナは
純度100%の植物のヘナ葉
ですので熱すぎるお湯は植物の
成分がダメになることも考えられます

一番良いハナヘナの溶き方は
ヘナをする前日に水で溶き
一晩寝かせて、使う直前に湯煎して
人肌くらいに温めて使う。

お湯でペーストにし、何時間くらい寝かして置いたら良いですか。

これが一番ベストです。

湯煎は、ヘナを溶くボウルを
もう1つ用意し空のボウルに熱いお湯を入れ
ヘナを溶いたボウルをその上に浮かべ
混ぜ混ぜするとヘナが温かくなります。

次にインディゴを溶く場合は
『寝かせ』は必要ありません。

使う30分前くらいに人肌程度のお湯で
溶き塗っていきましょう。

塗る前に少し冷たいな?と感じれば
ヘナ同様、湯煎してお使いください。

インディゴは溶いてすぐに使う
のが通例ですが、最近では15分〜30分
程度、水分になじませる方がインディゴの
色素成分が水分に溶け出し

インディゴペーストが滑らかになるので
とても塗りやすくなります。

ヘナナチュラル60%+インディゴ40%にしたい場合はボールの中でマドラーでかき混ぜるだけでちゃんと混ざるでしょうか?

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ