ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

白髪染めヘアカラーとハナヘナの併用をするときの注意点

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

便利で手軽な白髪染めは
ドラッグストアに行けば売っている

もしかしたら一般消費者は
他の選択肢を『ただ知らないだけ』
なのかもしれません・・・

 

美容師の行うカウンセリングは
未だに昭和のままだということです。

さて。

どうやらハナヘナが髪を染めるのに
効果的でハリ・コシも出るし
白髪染めのときのあの不快感がない

っと聞いてハナヘナ染めをする方も
増えているようなので

今まで染めていた『普通のヘアカラー』
からハナヘナ染めに変えるときの
注意点を書いておきますね。

ドラッグストアで買って染めた
白髪染めでも美容室で行った白髪染め
でも同じですが

今染まってる化学色素で染めたヘアカラー
は、ハナヘナ染めをすると

『今まで染めた色が抜けてしまいます』

これは色が染まる、髪の中に定着する
仕組みなのですが、普通の白髪染めは
酸化重合と言ってヘアカラーの薬剤が
髪の中で重合して分子が大きくなって
色が定着すると言われているんですが

実際の定着はイオン結合なので
分子量の小さなハナヘナの色素が
上から乗ってくると、普通のヘアカラー
の色素が押し出されてしまいます。

ということは元の白髪に戻ってしまう
そんな現象が起きてしまうんですね。

完全に色素が抜けるわけではありませんが
『今まで染めていた色が白うき』
してしまいます。

ではどうするか?

今まで染めていた普通の白髪染めの
部分にはハナヘナを塗布しない。
伸びてきた白髪の部分にだけハナヘナを
塗布する。

こうすることで白浮きを防ぐことが
できます。

美容師さんは白髪と今まで染めていた
部分の境目に注意しましょうね。

リタッチカラーと毛先ハナヘナの考え方

 

 

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ