ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

化学物質を含まないハーブシャンプーってどうやって作るの?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

近年、香害や化学物質過敏症を発症する人が多くなるほど日常の生活には人工的に作られた生活道具が溢れています
こうした人工的生活道具は私たちの生活に利便性をもち時間短縮や効率の良い生活をもたらせてくれますが
身近にたくさん増えすぎたことで嗅覚に異常をきたし体調が悪くなることも・・・

だからと言って自然派、天然のものがいい♪と安易に求めすぎてもいけません。
自然は自然で生存するために様々な防御機能を持っているからです。
【洗う】といえば自然界にもある【サポニン】という石鹸成分である界面活性剤ですが

【水と油を中和しなじませる】という本来動植物が持つ皮脂を分解し防御機能を破壊。
弱らせることを目的としたいわゆる毒です。
人間も【洗いすぎること】で手荒れや肌荒れを起こすのはこういった自然界にもある防御機能が根元なのです。

何かを使って洗う前にまずは湯シャンを試してみよう

これがダメならこれを試してみよう!
普通、何かが合わないな?と思うと次の何かを使おうとついつい探してしまいますが
実は日常の生活の中で肌や髪の毛が汚れるといえば微量に分泌される皮脂に付着するホコリや汗
毎日、普通に入浴する生活を送っていれば洗剤でゴシゴシ洗うなんてことをしなくても

【汚れ】は落ちていきます。

毎日ゴシゴシしているのは【洗った気がしないから】ですよね?
しかしよく考えてみてくださいね。

毎日ゴシゴシしているその行為が【逆に肌を傷つけている】こともありますよね。
洗剤でゴシゴシ洗って、お風呂上りもバスタオルでまたゴシゴシふく・・・
昔、小学校などで流行っていた【乾布摩擦】は肌を強くする、風邪をひかないという【思い込み】で
習慣になっていましたが、現在では【何の根拠もなかった】ということが証明されています。

【肌をこすって強くする】なんて理論は全くの迷信。
肌は優しく扱ってくださいね。

湯シャンとは?

湯シャンとは、お湯のみで入浴をすませることを言います。
石鹸もボディソープも使わない入浴法です。
肌は代謝を繰り返す臓器ですので、この湯シャンで十分汚れは落ちますし肌をゴシゴシこすらないので
肌荒れも防げます。

詳しくは別記事でしっかり書いています。

湯シャン歴10年の美容師が教える 正しい湯シャンのやり方【リメイク版】

湯シャンもいいけどやっぱり何かを使いたい

入浴は1日のリラックスタイム!
やはり何か心地のいい香りがバスタイムには欠かせない!

そんな方は湯シャンを試した後にハーブシャンプーを試してみましょう!

作り方は簡単。

ハナヘナで販売されてるミックスハーブをドレッシングボトルなどにお湯を入れてミックスハーブを大さじ1、2杯程度入れるだけ!

※ 入浴前に作っておいて使うとハーブの成分が水分に染み出します。

作り方動画

ハナヘナ ミックスハーブの使い方

6種類の自然のハーブの香りで癒されてください。
人工香料は含みません。

まとめ

香害や化学物質過敏症は、日常生活に過剰にあることで嗅覚が麻痺した状態でもあります。
休日はできるだけ自然の野山に散歩にいったり海を眺めることで自然治癒できると思っています。
自然の葉っぱの香り、磯の香りは人間の本能にとっても優しいものだと思います。

使うものを変えるよりまずはそうした人間本来の嗅覚を自然に改善できる場所にいってみましょう!

メルマガ登録

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ