ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

ヘナ染めって最近よく聞くけど一体どんな効果があるの?【おさらい】

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

リモートワーク、自粛生活でもお家でリフレッシュできるヘナ染めってどんな効果があるの?
最近よく耳にするけど自分でも簡単にできるの?

ヘナ染めの何が良い?

おしゃれをするのにもっとも手軽にできるイメチェンの中に『ヘアカラー』があると思います。
髪の色を変えるだけで印象がガラリと変わることもあるので『髪を染めてみたい!』と考える方も少なくありませんが、実際染めてみると【薬剤の匂いもきつい】し【地肌がピリピリ痛い】し【髪の毛も傷んでくる】しで気分は確かに変わるけど、本当は【すごく体に悪いんだろうなぁ】と感じている人も少なくありません。

特に現在はオーガニックブームや有機野菜、エコ生活など体や環境を考えるフレーズも多く目につく時代ですので【健康的】に生活しリフレッシュできる方が良いと考える方が自然素材『天然の色素』で染めるヘナ染めに注目しています。

ヘナ染めの最大の利点は、『化学物質を一切含まないヘアカラー』である事。

※ヘナメーカーによっては発がん性物質である薬品や化学色素を混ぜてあるヘナもあります。

簡単に書くと布や生地を染める【草木染め】、化学色素を使わないので肌や髪を優しく染めてくれるという事で健康志向の方に利用されています。
もちろん植物100%なので草むしりをしていて手が荒れるとか植物アレルギーのある方は注意が必要です。

髪や肌が傷まない

通常のヘアカラーでは地毛を明るくしたり好みの色を着色する事ができますが、ヘナ染めでは自然の色素が2種類しかないので『希望色』を作る事はできません。
しかし、元々が『自然の色素』ですので自然な色【ナチュラルカラー】に染める事が可能です。

派手でもなく違和感のない自然な色が好みの方であればヘナ染めは向いてると言えます。

そして通常のヘアカラーでは過酸化水素水というオキリドールを使用していますので肌が荒れたりかぶれたりする確率も高くなりますので地肌になるべくつけないで【塗布する技術】が求められますが、ヘナ染めは化学薬品ではないので地肌についても問題ありません。

パーマやヘアカラーをするとすぐに髪の毛が傷むという方はヘナ染めをお勧めします。

繰り返し染めても傷まない

通常のヘアカラーは髪の色素を削る薬品が配合されているので地毛が明るくなりすぎたり染めたところと染めてないところの明るさの差がありすぎたり、繰り返して染める事で髪の毛も地肌も傷んできますが、ヘナ染めは繰り返し染めても髪の毛がダメージする事はありません。

逆に繰り返し染める事で自然色素が髪の毛にしっかり吸着し髪にハリやコシが出てツヤが出ます。

自宅で自分で染めても失敗しにくい

自然素材であるヘナ染めには【地毛を明るくする薬品は含まれていない】ので染めたところと染めてないところの差がほとんどできません。なので【明るくなりすぎた!】とか【塗り方のテクニックがいる】とかの心配がありません。

よくある白髪染めのCMでは、『簡単に素早く染められる』『毛先まで均一に染められる』などありますが、あれは健康な髪の毛を1回だけ綺麗に染めれるやり方ですので2回目以降は結構な確率で自分で染めると失敗します。

まとめると

10代や20代の頃は派手で人と違ったヘアースタイルに憧れもありますが、ある程度落ち着いてくると自分らしくより自然で健康的なものを求めてきますよね。

髪の毛も肌もできるだけずっと綺麗に保ちたい。
そんな方には最高に良い素材が『ヘナ染め』だと考えています。

自然に触れる事が少なくなった現代社会で手軽に自然に触れるヘナ染め。
毎月染める事で嗅覚も正常に戻り、いかに日常にある化学香料が違和感あるものなのかも感じる事ができるでしょう

ヘナ染めに向いてる人、向いてない人もいますが、『健康的に美しくなりたい』という方にはお勧めです。

メルマガ登録

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ