ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

独り言

経皮毒ってほんとにあるの?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

ハナヘナや自然のものが好きな方にとっては化学物質よりできるだけ
『自然のものがいい♪』と感じていらっしゃる方が多いかと思います。

人間の体はすごく機能的にできていて、体内に入ったものを分解し体外に
排出する機能を兼ね備えています。

そもそも身体の中に入るものは『すべていいものとは限らない』という
ことなんですね。

ですのでどれだけ自然で作られたもの食べても尿や糞といったもので
体内に蓄積しないように排出されます。

身体に取り込み『分解』する作業でもっとも重要なのが『時間』
食べものの『養分』が必要なものか必要でないものかは、頭で分別するのではなく
体内の臓器が分別しますからそれらを分別、分解する時間が重要です。

以下の世の中は合成されたものだらけですので、『完全なる自然のもの』ばかり
食べることはできませんので『分解する時間』は大切なわけです。

まとめ

食べ物は経口摂取
口から入るものが直接体内に影響を与えるので様々な臓器で
分解し排出する機能を有しています。

 

次に皆さんがよく心配されてる皮膚を通して身体の中に浸透してくる
有害なもの。

人間の皮膚というものは、とてもしっかりした防御機能を備えていて
第1バリアが皮膚、第2バリアが皮脂という具合に皮膚から侵入する
身体にとって『必要でないもの』をブロックしてくれます。

今日のテーマは『経皮毒』ですが、この言葉は実は造語で医学的用語ではありません。
正しくは『経皮吸収』。

経皮吸収といえば痛み止めなどあるのでテレビや雑誌の影響などから
一般の方々は『皮膚から有害なものが入ってきたらえらいこっちゃ!』という認識は
多少なりとも皆さんあるはずです。

ですので化学物質よりなるべく自然なものを肌には使いたい・・・

と思うのも必然ですね。

しかし逆の発想で考えると、『そんなに毎日化学的なものを使う必要があるのか?』
ってことだと思います。

毎日使う化学物質といえば、シャンプーや歯磨き粉がありますが
はたして毎日必要なのか?ってことです。

毎日必要と『思っているのは』毎日週間としてなんとなくやってることか
テレビや雑誌、お母さんやお父さんに習ったから・・・

という思考発想が元だと思いますが違いますか?

そもそも必要でないかもしれないものを化学物質だから自然なものを
使いたい・・・

なんだかおかしくありませんか?(笑)

本来、動物にも植物にも外部侵入を防ぐ防御機能は備わっています。

それらを経皮毒という造語である『さも身体に良くない物』と
煽られ本来備わってる基本的機能を忘れているわけです。

身体に使う洗剤などは『洗い方』も重要。
洗い方1つで本来備わっている防御機能を破壊してしまえば
『経皮毒』という悪そうなものに侵されてしまいます。

まとめ

経皮毒というものは、そもそも必要でないことを毎日やってしまっている
方向けの不安言葉。

なぜ洗剤を使わないといけないのか?
を正しく選択できれば経皮毒などというものを不安に思う必要などありません。

 

独り言

経皮吸収や経皮毒と皮膚から入る有害物質ばかり皆さん気にしていますが
一番体内に吸収しやすい部位は皮膚ではなく口や鼻・・・

健康的生活をとジョギングしてる方を見ますが、道路端を走っては
目に見えない排ガスを余計に吸い込み一体健康になりたいのか、身体をいじめてるのか・・・

※独り言ですからね。

 

経皮吸収を気にするなら普段毎日着用している肌着や洋服に気を使ったほうが
良いかと思います。

シャンプーや洗剤は長くても数十分。

しかし肌に密接している衣服は数時間にも及びます。
『肌触り』が悪いと肌に当たっている違和感がずっと脳に伝達されています。

時間が立つと肌触り感覚は麻痺し余り違和感がなくなりますが
肌から脳に伝わる信号は『肌触りが悪いままです』

そこからストレスにもつながります。

ストレスとは、『感じ得ない』からストレスなのです。

過去記事

ヘナをしたら緑のおしっこが・・・

肌の役割 (1)

羊水からシャンプーの・・・

美容師が教える正しい・・・

天然洗剤ムクロジ・・・

化学物質過敏症・・・

男性には髭があり女性には・・・

 

メルマガ登録

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ