ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

ヘアカラーをやめて地毛に戻したい!どうやったらやめることができますか?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

毎月伸びてくる根元の地毛・・・髪を明るくしすぎてプリンが目立ってしまう・・・
ヘアカラーやらなければよかった・・・そろそろヘアカラーやめたい・・・
一度染めると徐々に明るくなりすぎてしまいきちんとお手入れし続けなくては
貧素に見えてくるヘアカラー

やめるにはどうすればいいの?

地毛に近い色に戻す

一番簡単なのは、明るくなってしまった部分を地毛の色に合うようにトーンダウン(暗く)
することです。
この方法は、通称『黒染め』などと言われていますが、自分でやるにはかなり『ハイリスク!』
思った以上に黒くなりすぎて失敗するのがオチです。

しかし美容室で黒染めをお願いするのも意外に失敗しやすい原因。
髪を元の地毛のように戻すって『かなり高度な技術と知識』が必要なので
必ずヘアカラーを専門にやってる美容師さんにお願いするべきです。

黒くするのも明るくするのも同じくらい髪の毛はダメージしてしまいます。
ダメージさせる薬剤に加え、黒にする色素も薬剤的には難しく美容師さんの経験値が必要になります。

根元のプリンが多いなら

黒になってる部分が多くなってる(かなり放置している)のであれば、黒いプリン部分を
『メッシュ』のように部分的に明るくし『陰影』をつけることでこれまでのヘアカラーとは違う
感じで徐々に地毛に戻していけます。

この技術も熟練の技が必要で3D的な立体感を想像して仕事ができるヘアカラー専門の
美容師さんに相談するほうが失敗を防げます。

髪を切る

髪も爪と同じ角質でできているので
一度傷んでしまった髪の毛のダメージは治りません。
地毛に戻す手間を考えるとカットしてしまうほうが良いかもしれません。

ヘアトリートメントは髪を傷めます!

ヘナ染めをしてみる

ヘナは自然の葉っぱの色素で髪を染めていきます。
自然界に『黒』という色素がないと同じでヘナで染めても髪の毛が真っ黒になることは
ありません。

白髪染めにヘナを使うメリット、デメリットをヘナ歴12年美容師の私が、徹底解説

この記事を読んでみてヘナ染めがどんなものか理解したら挑戦してみてはいかがでしょうか。
薬剤で黒染めするよりは遥かにやりやすいと思います。

まとめ

髪を明るくするとたしかに印象は変わりますが、一度ヘアカラーで明るくすると
どんどん髪が明るくなり傷んでしまった印象にもなっていきます。

ヘアカラーをするなら地毛より1トーンか2トーンくらい明るくするのがベストです。
派手な明るさよりナチュラル美人が好印象ですよね♪

メルマガ登録

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ