ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

シャンプーを使わない『湯シャン』ってどうやってやるの?湯シャン歴14年の私が徹底解説

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

福山雅治さんやタモリさん海外セレブなどがやっていると言われる『湯シャン』
お湯でシャンプーするってどういう事?一体どうやってやるの?湯シャンの効果は?
海外などではノープーと呼ばれシャンプー剤を使わず頭を洗うことを意味します。

どうやってやるの?

湯シャンは、シャンプー剤や石けんを使わずに頭を洗うことを指しますので
『何も使わず』ただただ『お湯で頭を洗い流すだけ』ですので『誰でもチャレンジ』することが
できます。

湯シャンを12年経験してきた僕のおすすめのやり方は

① ブラッシングをする。
② 頭皮を優しくマッサージするように洗い流す。

この2点。
ブラッシングで頭皮の皮脂や油汚れを浮かせてお湯(シャワー)で流しやすい準備をします。
頭皮をマッサージするように洗い流すことでブラッシングでは取り切れなかった老廃物を更に
浮かせます。

シャンプーを使わずお湯で洗い流すだけでも8割程度の汚れは落ちるのでブラッシングと
マッサージで残りの2割を補います。

湯シャンはどんな効果があるの?

シャンプーは何故するのか?ということをじっくり考えてみてもらうとわかりやすいのですが
シャンプーは洗剤で油汚れを落とす効果がありますよね?

自分自身からでる油といえば『皮脂』ですが、洗剤を使って洗い落とさないといけないほど
の油が出てるということはよく考えると『異常』なことです。

もちろんヘアワックス(油)など整髪料を使っている場合は洗剤で落とさないと落としきれませんが
自分自身から出る皮脂はお湯だけでも簡単に落とせます。

では何故シャンプーを使ってまで落とさないと落ちない皮脂が分泌されてるのか?

それは・・・

毎日シャンプーで頭皮を洗いすぎて皮脂分泌サイクルが異常になっているから

なのです。
必要な皮脂を毎日せっせと落として落としすぎた皮脂を正常な状態に戻すために
皮脂腺は必死に皮脂を出してしまいます・・・
出しすぎた皮脂がベトベト感など不快な状況を作り出してしまい結局また
シャンプーでゴシゴシやってしまうのです。

そうやって頭皮をどんどん過酷な状態にしてしまっています。

湯シャンはシャンプーという洗剤を使わないため皮脂サイクルが正常になり
髪の毛が生えやすい頭皮環境を整えます。

その効果は

・白髪予防
・抜け毛予防

など様々な効果をもたらせてくれます。

毎月7万PV読まれてる過去記事をご紹介

以前動画付きで紹介した湯シャンの記事が大変わかりやすいと好評です。

湯シャン歴14年の美容師が教える 正しい湯シャンのやり方【リメイク版】

まとめ

湯シャンはお金もかけずに誰でもできる入浴方法です。
お湯だけでシャンプーできれば毎日の洗剤代も浮きますし地球環境にも優しくできます。

もちろん現代のシャンプー剤はTPOに合わせて必要不可欠な便利道具でもありますが
人間自身の機能を活かしつつ世の便利道具を併用できれば一番効果的だと思っています。

メルマガ登録

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ