ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

ヘナ染めするとどんな色になるんですか?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

天然ヘナ、植物由来、自然派ヘアカラーといろいろありますが
天然の色素だけで髪の毛を染められるのは【天然100%ヘナだけ】です。

98%植物でも漢方カラーでも香草カラーでも全て化学色素
ほとんどのヘアカラーには脱色剤(いわゆるブリーチ剤)が配合されて
いますので地毛を明るくしながら希望の色に染めることができます。

それ故、天然由来や自然由来というフレーズに美容師さんも惑わされ
(厳密には世の美容師さんが無知すぎる、美容学校では教わらない)
天然由来が98%も配合してあれば髪や肌に優しいヘアカラーと
思って疑わない・・・残念ですが美容業界ってこんなもんですm(_ _)m

なので天然ヘナ、肌や髪に優しいというものでも地毛を明るく好みの
ヘアカラーにできると思っている人がほとんど・・・(残念)

しかし天然100%ヘナ染めでは地毛を明るくする成分は入っていません。
しかし、、、天然100%ヘナ染めと謳われていても実は化学色素が入っている
ヘナもあったりします。
ですがそんな化学色素が入ったヘナでも地毛を明るく染めることはできません。

本物の天然100%ヘナ染めは、ヘナ(オレンジ)とインディゴ(ブルー)の
2種類があります。
黒髪を(地毛)明るくすることはできませんが、地毛の太さや細さ、元々持ってる
メラニン量でも変わってきますが、地毛が細い方、メラニン量が少ない方などは
ヘナ染め(オレンジ)をすると黒髪(地毛)が若干明るく見えることがあります。

ヘナ染めで黒髪は明るくできません!は嘘でしたm(_ _)m

リンク記事のように黒髪(地毛)の種類によってはヘナ染めすると
オレンジ色素が髪に入り明るく見えることもあります。

よくヘナ染めで自然なブラウンにできますか?
というような質問がありますが、まず天然色素で髪の毛をブラウンにするには
ヘナ(オレンジ)とインディゴ(ブルー)を使う必要があります。

これは単純にヘナ(オレンジ)とインディゴ(ブルー)を混ぜた時に
補色としてできるブラウンを使うことで髪をブラウンに染めることができます・・・
が!地毛を明るくすることができない天然ヘナ染めでは黒髪ばかりだとブラウンには
見えません。

ですので黒髪を明るくすることも黒髪を自然なブラウンにすることもできないのです。
ヘナ染めで自然なブラウンにするにはある程度白髪がなければできないのです。

そう。白髪の分量が多いほど自然なブラウンにできますし
しっかりと濃いブラウンにもできます。
天然100%ヘナ染めは白髪がある方がより自然に綺麗に染めることができます。

ヘナ染めをしてみたいけど髪がオレンジになりすぎてる人を見て躊躇しています。

ですのでヘナ染めするとどんな色になるか?
は、黒髪の人では明るくも暗くもならずトリートメント効果だけが
あります。

黒髪の人にヘナ染めすると髪質によっては若干明るくなるか
インディゴで黒々したブルーブラックになるか?
その程度です。

しか、白髪が多少ある方にとっては自然なヘアカラーとして
トリートメントとしてやる価値は大いにあります。
トリートメント効果も市販、美容院でのトリートメントより持続性も
ありますし効果も高いです。

コメントを残す

メルマガ登録

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ