ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

ヘナ染めをしてみたいけど髪がオレンジになりすぎてる人を見て躊躇しています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

ヘナ染めはオレンジ色しかないからヘナで染めると髪がオレンジになって
派手になってしまう・・・

そんな心配をしている方もいますが、安心してください!
ヘナ染めすれば髪がオレンジになりすぎることはありません。

ヘナ染めの色素はオレンジ色しかありませんが、天然の葉っぱの色素
なので地毛(黒髪)を脱色することはできません。
通常のヘアカラー(ドラッグストアや美容院でする)は、色の種類が
たくさんありますよね?

ヘアカラーには様々な色素と一緒に『脱色剤』も配合されています。
通常のヘアカラーは地毛を脱色しながら選んだ色素が髪に付くように
作られているのです。

しかしヘナ染めはそういった化学染料や脱色剤は配合されていませんので
地毛を明るくすることはできないのです。
ヘナ染めしている人でオレンジになっているのは

白髪の量が多い方

白髪の分量が多いとヘナのオレンジ色素が目立ってくるのです。
しかしヘナのオレンジ成分にこそトリートメント効果があるので
ヘナで染めたオレンジの髪は

とてもしなやかで扱いやすい髪質になっています。

色は派手だけど普段の生活でとても便利なのです。

白髪の生え方は人それぞれ。
メッシュみたいに生えてる人もいれば顔周りだけ生えてる人もいます。
白髪や地毛が明るい方はヘナのオレンジがその部分だけ目立ってくるという
感じでとらえていただけるといいかと思います。

ヘナ染めは繰り返すたびに深く深くオレンジが入り込むので
初回は明るめオレンジでも繰り返すたびにブラッドオレンジに変化していきます。

しかし、そもそもオレンジは苦手・・・
という方は、インディゴというハーブを使うといいでしょう。

ヘナ染めしたいのですが、オレンジにならないで明るい髪を落ち着かせるには?

【毎月ヘナで白髪染め】ハーバルマホガニーの1度染めだけど2度染めやってみた。

メルマガ登録

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ