ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

インディゴのこと

ナチュラルインディゴで染めると色落ちしない?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

インディゴと聞くと一般の方は『ジーンズ』を連想する
と思いますがジーンズはどうしてインディゴブルーで
染められているのでしょう?

鉱山や農場で働く農夫の作業着だった?

元々生成生地から始まったジーンズでしたが生地が丈夫な事から
農作業着として親しまれるようになったそうです。
さらに昔は天然インディゴ染料の虫よけ成分である
『ピレスロイド』が作業中の害虫や蛇避けになるという利点から
インディゴブルーで染められるようになったとか。

しかし、布に染めたピレスロイドはほとんどその効果はなかった
ようです笑

天然インディゴ(ナチュラルインディゴ)は発色が難しく
今ではほとんどが合成インディゴで染められてるので

虫除け効果は全くありません。

天然インディゴはどうやって染まる?

ハナヘナが扱う天然インディゴは『インド藍』(ナンバン藍)
という種類の藍です。

※ 他にも蓼藍、ウォードなど数種類のインディゴがあります。

インディゴという色素は元々ブルーの色で存在するわけではなく
インジカンという無色の状態です。

天然インディゴは収穫するとすぐに急速乾燥され生葉に含まれる
インジカンは酸化することなく葉の中に存在できます。
その後、粉末にし商品となります。

乾燥された粉末インディゴは水で混ぜることで還元され
水に溶解します。

その溶解したインジカンを髪の毛に塗布すると酸化され
髪の毛の中でインディゴに変化し不溶性のインディゴに
になります。

髪の毛のダメージ度合いで色落ちが決まる

健康な髪の毛はプラスイオンとマイナスイオンが
存在していますが、ダメージが激しくなるにつれ
プラスイオンがなくなりマイナスイオンが残ってしまいます。

インディゴの染色もイオン結合ですのでマイナスばかりの
髪の毛には強力に吸着し不溶性になりブリーチしても
色落ちしないインディゴになります。

室内と外で撮影しました。
このブリーチ実験はこの記事の時のインディゴ染め
をブリーチしたものです。

インディゴでグレーアッシュにしてみました。

金髪にしてインディゴで染めた記事が2020年11月30日の記事
でしたので、約3ヶ月色落ちしてないことになりますね。

↓2020年11月30日に染色

↓2021年2月20日撮影。

↓2021年2月25日ブリーチ

これはこれでいい色ですよね笑

まとめ

インディゴの酸化途中の緑色で色止めできないですか?
という質問もたまにいただきますが
白髪とメラニンのある黒髪では髪の毛のイオンが
違うので白髪の色止めは中々難しいのが現状です。

金髪の髪はマイナスイオンだけですので金髪にした髪に
インディゴをすると今回の記事のように色落ちしませんが
黒髪(健康毛=プラスイオンもある)であればインディゴでも
色落ちします。

天然インディゴって面白いですよね♪

コメントを残す

メルマガ登録

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ