ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

6種のハーブがブレンドされたミックスハーブってどうやって使うの?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

商品名はミックスハーブ、6種類のハーブや木の実がアーユルヴェーダ(インド伝承医学)の正式配合でブレンドされていてシャンプー代わりやトリートメント代わりとしてお肌のコンディショニング剤として使います。

日本では、ヘチマ水や米ぬかなどをシャンプー代わりとして使っていましたが、インドではハーブをブレンドしたもので髪や肌を整えていました。それと似たようなものがミックスハーブです。
現在のような洗剤は確かに便利なものではありますが、こういった自然のもので髪や肌のコンディショニングを整えることも可能です。

シャンプー代わりとして使う

シャンプーやトリートメントは、洗剤と油ですがミックスハーブは洗剤と油が混ざったようなもの。
いわゆる髪や肌の『コンディション』を整えるものです。
シャンプー(洗剤)のようにさっぱり感はありませんが、『シカカイ』という天然の界面活性剤で
穏やかに1日の髪の汚れを落としてくれます。

ダメージしてる髪は、キューティクルが広がっているため、ミックスハーブがキューティクルを引き締め
『キシミ』が出ます。
そんな場合は、ハナヘナトリートメントでトリートメント(油分)をしてください。

ボディーソープ代わりとして使う

ドレッシングボトルなどに適量ミックスハーブを入れシェイクして肌に使います。
肌のキメを整えつるつるしたような感覚になります。

入浴剤として使う

お茶を淹れるテーパックなどにミックスハーブを適量入れ湯船に入れ入浴剤代わりとしても使えます。

ヘナ染めに混ぜる

ナチュラルヘナに20%程度入れて使うことで髪や肌のコンディショニング効果が高まります。

※インディゴ配合のものには小さじ1杯などあまり多く入れないほうが良いです。

まとめ

ミックスハーブってどんなもの?現代のヘアケア剤の使用感と比べると表現方法に困るブレンドハーブですが
肌や髪の『調子を自然な感じで整える』ものです。
環境にも優しいのでぜひ体験してほしいハーブです。

↑オフィシャルショップでの購入はこちら

↑楽天ショップでの購入はこちら

化学物質を含まないハーブシャンプーってどうやって作るの?

メルマガ登録

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ