ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

Q & A

【ヘナとインディゴは特徴が違う】ヘナ染めとインディゴ染めの塗り方(染め方)の違い

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

天然100%の色素で染めるヘナ染め。
自然のハーブだけを使って染めるヘナ染めなので比較的体に優しい
白髪染めと印象されますが、実は塗り方一つで逆にダメージに繋がること
があります。

ドラッグストアや市販の白髪染めでは【塗りやすさ】も品質のサービス
ですが、自然そのままのヘナ染めでは塗りやすさは【自分で調整する】しかありません。

ヘナ染めは粘性があり塗りやすいですがインディゴ染めは粘性がないので
ボソボソします。

インディゴ染めの時はヘナを少し混ぜると粘り気(粘性)が出るので塗りやすくなります。

次にインディゴで染める時は殆どの場合【2回目】に塗るので1回目に塗る時に
比べ頭皮の皮脂も1回目で取り去られているので頭皮が敏感になっています。

その敏感になった頭皮にインディゴを塗ることになるので塗り方が雑になると
アレルギー症状のように頭皮がヒリヒリしたりします。

※髪留めやポニーテールを長時間してると頭皮が痒くなる現象と同じ

ヘナ染めとインディゴ染めは粘性の違いと塗る回数を気をつけて
扱ってくださいね。

二度染めをするときの注意点(特にインディゴ)

メルマガ登録

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ