ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

シャンプーを
やめた美容師

ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ

ハナヘナシャンプー・トリートメント

湯シャンは失敗する人がほとんどなのでやらない方が無難です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

何も使わないでシャンプーすることを湯シャンと言い
現在の日本ではあまり馴染みのない入浴方法ですが、
昔ながらの日本では当たり前の入浴方法でした。

そもそも体や髪の毛を洗う石鹸が一般に普及し始めたのは
まだ数十年。
昭和世代はシャワーがないお風呂が当たり前で中にはまだ
薪で湯を沸かす家庭もありました。

そんな時代を経て平成の終わり頃からそういった昔の入浴法
『湯シャン』が最近注目されています。

湯シャンは、とてもシンプルで経済的で意外と自己メディカルチェック
できる健康法で『私もやってみよう』という方も増えています。

しかし、現代社会のように食生活もジャンクフード、肉類中心
ストレス社会な今、何も使わない湯シャンは

誰でもできる入浴法

ではなくなりました。

湯シャンが良いと聞いていきなりシャンプー剤を使うのをやめると・・・

・頭皮がベトベトする。
・頭が臭い。

などの意見が多くあります。
でも・・・これは当然の結果。
今までシャンプー剤や石鹸を使って入浴していた方が
いきなり洗剤を使わなくなれば皮脂分泌がうまく機能せず
頭皮がベトベトになったり頭が臭ったりするのは当たり前。

頭皮がベトベトするのは毎日洗剤で皮脂を取りすぎているからで
頭が臭いのは食生活が悪いことも考えられます。

そもそもシャンプーや石鹸で洗うと清潔になっていると
思っている人がほとんどですが、1日の生活で汗まみれ
ホコリまみれになってる人は殆どいませんよね。

臭うというのは必ず原因があります。

湯シャンはそういった原因を考えることが出来きて
楽しめる人にしかおすすめしません。

何も使わない入浴法だからこそとても高度な技法と
思っていただけると良いかと思います。

ちなみにもし湯シャンをやってみたい!と思っている人は
寒い時期がおすすめです。

【湯シャンの入門編】子供でも使えるシャンプーを利用する。

皮脂が酸化して毛穴が詰まる?は間違いだった?

湯シャン歴14年の美容師が教える 正しい湯シャンのやり方【リメイク版】

コメントを残す

メルマガ登録

カテゴリー

HP/ブログ用バナーリンク

ブログやHPに使える画像はこちらです。 自由にお使いください。 画像をクリック t02200168_0300022913263936083

© 2016 ヘナで白髪染め。髪と地肌を傷めない天然ヘナのハナヘナ